I'll ‐アイル‐

June 22, 2011

TOUR写真日記

IMG_1088

IMG_1090

R0014834

IMG_1091

R0014852

R0014853

IMG_1092

R0014854

R0014893

R0014925

R0014940

R0014944

R0014956

R0014934

R0014982

R0015002

R0015040

R0015051




こちらもどうぞ。
テガミバチ公式ブログ「浅田弘幸先生サイン会、無事終了しました!」
http://www.tegamibachiblog.com/archives/51710636.html

at 02:21|PermalinkComments(20)clip!

June 20, 2011

ツアー終了

R0015053

京都 文教堂書店さんでサイン会ツアーも無事終了………

来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!

皆さんの気持ち、ありがたくて染みました。
「I'll ‐アイル‐ 」文庫の担当さんも泣きそう〜と呟いていたよ。

文教堂スタッフの方々が最後、列に招き入れてくれたのは、
整理券が取れず、手紙を渡すためだけに一番早くから来てくれていた方…というのを聞いて
おーよかったね!って僕も一緒に嬉しくなりました。
この日もあったかい人々による、アットホームなイベント。

200十数人のファンの方々と会えた今回のTOUR 2011、…追加公演したいくらい(笑)、
ほんとに楽しい旅でした。
またやりたいよね…、って言いながら、帰りの新幹線、SQ.担当さんと延々ビールで乾杯。


福岡、京都で出会えた皆さん、きっとまたどこかで。

書店の方々、関係者スタッフの皆さん、
ご来場頂いた全ての皆さん、本当にありがとうございました。


at 21:08|PermalinkComments(37)clip!

June 18, 2011

ツアー中


博多、丸善さんでのサイン会が終わって、只今新幹線で京都に移動中です。
携帯から更新。
(ライブドアのブログって、スマートフォンからは写真UP出来ない?)

参加して頂いた皆さん、本当にありがとうございました!
沢山の手紙、差し入れ、ごっつあんです。
僕にとっても楽しくて嬉しい時間でした。

そのうち時間がある時、詳しい旅日記など綴れたら。


明日は13時から京都、文教堂さんでツアーファイナル(笑)です。
ぜひ顔を見せに来て下さい。

at 18:12|PermalinkComments(54)clip!

June 16, 2011

コミック文庫

R0014833

集英社コミック文庫版「I'll ‐アイル‐ 」
明日、6月17日 1・2巻同時発売です。


そして18日(土)福岡、19日(日)京都でサイン会やります。
関東以外初めて。って事は次はもうあるのかないのか。

何事も一期一会です。ぜひこの機会に。





2011年6月18日(土) 14時〜 
丸善博多店  

2011年6月19日(日) 13時〜
文教堂書店京都店

サイン会ご参加には整理券が必要です。
整理券の数に限りがありますので、配布が終了している場合もございます。
終了の際はご了承ください。





書くの忘れてた。
ジャンプスクエア今月号、テガミバチはお休みですが「モノガタリ」のコーナーで
インタビューと仕事場写真など掲載されています。
こんなトコでもオムツの話してる(笑)。よかったら読んで下さい。


&、個人的私信
福岡サイン会、Kプロの後輩のO君とI君。
スタッフに本名告げて、控え室顔出すように。


at 03:33|PermalinkComments(23)clip!

June 04, 2011

LIVE TOUR 2011

R0014656

R0014675

IMG_0870

IMG_0872

4月の話ですが、近くの本屋で「被災地の子供たちに本を届けます」と、
コミック等をあつめていたので、たくさんあった自分の本をかき集めてみました。
本屋まで三往復、どっかん500冊くらい(激重)。
現在連載中のテガミバチには全てサインをいれました。小さなサプライズになってるといいなあ…。


そして今月、
過去作品にもサインを入れられる機会……、

ジャンプスクエアの発売日でもある本日、情報解禁となりました。
博多と京都でサイン会やります!

「浅田弘幸 LIVE TOUR 2011」
(…って、嗚呼、コレ言ってみたかったんだ(笑)。)


以下コピペ。




集英社文庫コミック版「I’ll〜アイル〜」刊行記念
浅田弘幸 サイン会のお知らせ


集英社文庫コミック版「I’ll〜アイル〜」の刊行を記念して
浅田弘幸のサイン会を行います。

●日時:2011年6月18日(土) 14時〜 
場所:丸善博多店  

●日時:2011年6月19日(日) 13時〜
 場所:文教堂書店京都店

サイン会ご参加には整理券が必要です。
整理券は上記の書店にて、集英社文庫コミック版「I’ll〜アイル〜」1・2巻を
それぞれ1冊ずつお買い上げのお客様にお配りします。

整理券の数に限りがありますので、配布が終了している場合もございます。
終了の際はご了承ください。


詳しくは書店のホームページにてご確認ください。 

丸善博多店
http://www.maruzen.co.jp/shopinfo/index.aspx

文教堂書店京都店
http://www.bunkyodo.co.jp/





です!

25年描いて、関東以外では初めてのサイン会。僕もとても楽しみ。
なかなか機会のない事だと思うので、皆さんぜひ顔見せに来て下さい。


at 04:49|PermalinkComments(36)clip!

May 08, 2011

「water」の話 その2

★ I'll ‐アイル‐ とアナログ絵

最初の画集からこぼれてしまったアイルのカラー。
漫画の延長として、絵自体ではなくキャラらしさが出るように、表情だったり、シチュエーションを大事に描いていたのを思い出します。
砂浜に5人が並ぶ絵は、この漫画、最終回のセンターカラー。塗りながら少しだけ寂しくなった記憶。

黒いページにところどころに入れてもらったデザインは当時僕が作ったTシャツのロゴだったり、バンダナだったり。
今はこの頃ほどロゴだのデザインだのにこだわる事は少なくなりました。
昔はクオリティの(というか意識が)低かったジャンプ少年漫画のデザイン関係も、最近は総じて洗練されてきていると思います。

ちなみに先の「shine」と、この画集のデザイナーさんは、アイルの頃からお世話になってる方で、テガミバチも全てやってくれている信頼出来る方です。
今回も何も言わずに中也の絵を最初にもってきてくれる「分かってくれる」人。
けしてクレジットには名前を入れない、完全裏方思考の硬派なデザイナーさん。なんか、そんな所も素敵だよね。
6月から刊行予定の「I'll ‐アイル‐」のコミック文庫のデザインもこの方がやってくれる事になりました。
R0014699

R0014700

画像は当時ボツにしたアイルの未完成絵のカラーコピーです。
今思えば、もう少し割り切って…、もう少し力抜けよ、って思うけど。
特に当時は納得いかないものを出してお金をもらう事に罪悪感があったので、本当にボツにしたものは多かった。
ほんとに見せられないヘボい絵も多かったんですが。

ボツといえば、梶研吾さんの原作で描いた小説「バトルホームズ」の手紙を手にしている口絵。
お蔵入りしていた方の絵も掲載されています。恥ずかしいけど、時が経った今は距離をもって見れるので大丈夫。
ていうか今見ると、どっちの絵もたいして変わらないじゃん…(笑)。

ちなみにドイルの設定したホームズの目は「灰色」なんですが、
このシリーズの挿絵たちは絵によって、差し色として目の色を変えています。
シャーロキアンには怒られそうだけど。ホームズは僕も相当好きで、その上で描いているのでご勘弁を。

アナログ絵はワトソン紙にカラーインクと透明水彩、色鉛筆&鉛筆で描いています。
これもいつかの話ですが、アナログでバッチリ完成させた後にPCで最終調整…という形をメインのスタイルにしてみたい。
きっと一番思い描く仕上がりに近づけると思ってます。
でも連載漫画家の絵としてはちょっと手間掛かりすぎになるだろうなあ…。
ちなみに画集では季刊エス第1号(中島裕介さんの本のカバー)や、その次の「母を訪ねて三千里(家出)」などはそんな形。


「water」で、僕の「イラストのこれまで」はリセットされたという感覚です。
これからまた、ひとつひとつ築き上げていかないといけない。大変だ。嫌だなあ(笑)。

そんな画集を手に取って下さった皆さんのために、もう少し「water」与太話、続けてみようと思います。

at 12:33|PermalinkComments(27)clip!

April 07, 2011

ゴミといえばゴミですが

R0014563

結局、朝から朝まで原稿と向き合う眠い日々です。
停電中止が多くて助かってます。1日20時間描いても遅れまくり。なんで?
ともかく、今は日常を頑張るだけですよね。

写真は画集の原画探索ついでに色々出て来た昔のラフ達です。
って、ちょっとしか写ってませんが。「I'll」関係とか(ヒカルの碁にコッソリ描いたのも…)。

ラフ、引っ越しする時にかなり捨てたんですが、まだものすごい量があります。家中のあちこちに…。
ここに一日一枚UPしていったら、何年かそれだけで毎日更新出来る気がする(笑)。

先日のテガミのもそうですが、いつか何かに使えるかも?何か、なんとなく取っておこう…、日記として(?)…
とか思いながら、結局日の目を見る事はないんですよね。
程々で破棄しないとなー。

ペン入れてるのにボツもあったり、人生無駄だらけですね。
でもそれが大事なんでしょう。

R0014559

渡しそびれた色紙発見。誰に描いたんだろう。

at 05:28|PermalinkComments(88)clip!

March 16, 2011

頑張れ!

prayforjapan


at 04:49|PermalinkComments(97)clip!

February 26, 2010

ヒゲダンディー

D1000360

携帯の写真から出てきた1枚です。
引っ越しの時に出てきたへんなもの。

10センチくらいの小さなデッサン人形に、
アイルのキャラ、東本の顔。

デッサン人形を使って絵を描いたことはないんですが…、
デッサン人形には絵を描いた?




真央ちゃん、SPの3A
着氷どころか完璧に降りて認定でしたね。
いや〜、血液回りました。


鈴木さんのウエストサイドは良いプロだなあ。

本日、僕は休日です。
画面にへばりついてます(笑)。




at 12:57|PermalinkComments(12)clip!

May 30, 2007

「I'll‐アイル‐」配信中

asada hiroyuki.com-ta1


集英社の携帯サイト「マンガ カプセル」では「I'll‐アイル‐」の配信が始まりました。
テガミバチで「初めまして」の皆さんにも、
機会があれば「I'll‐アイル‐」という漫画を読んでもらえたら嬉しいです。
バスケを軸にした青春群像漫画ですが、スポーツものが苦手の方でも全然大丈夫(笑)。
個人的には「番外編」と名付けたシリーズが、様々な装飾をそぎ落としたシンプルな作りで気に入っています。

この物語が琴線に触れた方は、舞台である神奈川県・国府津の海に出掛けて、
漫画の空気を体感してみる…っていうのも、もうひとつの楽しみ方かもしれません。
海しかない場所ですが、連載当時は沢山の方が国府津に訪れてくれたと聞いています。


「I'll‐アイル‐」ではイベントも多く、僕自身沢山のファンの方との出会いがありました。
懐かしいね。皆元気にしてるかな?
あの頃出会った皆さんも、テガミバチを楽しんで読んでいてくれたら幸せです。



今回は普通に五話入るよ(笑)、「テガミバチ」第二巻。
発売まであと5日。


YEAH。


at 14:34|Permalinkclip!