July 21, 2015

Mycroft(マイキー)

IMG_9764

家族が増えました」…と書いてから半年も経たないうちにこんな報告は心苦しいのですが…


ホームズの兄の名をもらった、マイクロフト(愛称マイキー)が永眠しました。

5月に去勢手術をしようと連れて行った動物病院。
事前の血液検査でFIP(猫伝染性腹膜炎)と診断されます。この時は症状も一切現れておらず、本当に元気爆発だったので、まさかと思ったけど。

「FIP」とは、多くの猫が持っているといわれるコロナウィルスが体内で突然変異し、血管に炎症を起こし多臓器に及び様々な疾患を引き起こす「猫の不治の病」と言われる病気です。

現段階ではまだ対処療法しかなく、薬も「根拠はないが効果がある、とされている」という言い方。
それでも少しでも良い時間を過ごせるようにと週に数回、免疫力を上げるというインターフェロンの注射に通いましたが、病状は少しづつ進行し、7月に入ってからは食べる事もままならなくなりました。

マイキーは気弱でおっとりした頭のいい子だったけれど、こんなに早く看病させて、挙げ句看取らせるなんて、とんだ親不孝息子だ。

家族全員で見送りました。「頑張らなくていいから」と言い聞かせて。
生まれてまだ七ヶ月。まだまだ子供じゃないか。もっともっと、色んな経験をさせてあげたかったな。

ネットで調べると、FIPと戦っている猫と飼い主さんが本当に多いんですね。
1日も早くこの病気の研究が進み…、特効薬が生まれることを切に願います。



image

アホ三兄弟が、アホ一人と一匹になってしまったよ。




IMG_9693


IMG_0029


マイキーありがとう。さようなら。
ギンとカチと仲良く頼むよ。




at 21:50│Comments(13)clip! 

この記事へのコメント

1. Posted by ゆき   July 21, 2015 22:16
マイキー。。とても悲しく寂しいお別れです。。
わが家にも猫が1匹いて、とても他人事とは思えない話で…。
本当に1日も早く、治療法や病気について解明されることを願っています。
マイキーは7カ月という短い時間でしたが、浅田先生のお家で過ごせて幸せだったと思います。
2. Posted by O3   July 21, 2015 22:34
…Mycroft君の、ご冥福をお祈り致します…。

…タイトルを拝見し、成長日記かと思ってしまい…ショックがとても大きかったです…。 …生後七ヶ月、あまりにも早すぎます…。 これからたくさんの事を経験して学んでいって歳を重ねていくはずだったのに…。 そんな小さい子が不治の病と闘っていたなんて…。

…浅田先生とご家族の悲しみは、計り知れないものだと思います…。 このような乱文しか書くことが出来ず、胸が苦しいです…。

「FIP」、全ての猫さんと飼い主さんのためにも、本当に少しでも早く、特効薬や治療法が見つかりますように…。

…マイキー君、天国でどうか安らかに…。 銀蔵さんと火助さんとも仲良くされますように…。
3. Posted by Hana   July 21, 2015 22:42
マイキーはここでは短い生涯でしたけど、浅田家に生まれて幸せだったし、よく頑張りましたね。
今頃、銀蔵兄貴・火助兄貴たちと仲良く過ごしていること、間違いないですよ。
マイキー、お兄ちゃんたちの言うこと、しっかり聞いて、楽しく過ごしてね。
4. Posted by 結   July 22, 2015 01:03
久々の更新が、別れのものだなんて。寂しいです…。
ちょうど今、職場の脇の駐車場にノラネコが仔猫を生みました。可愛くて、子ども達と「にゃんにゃんだねー」と、覗いて過ごしているだけに、尚更寂しい。

病気はあっけない。
やはり、子どもは親より長生きするのが、一番ですよね…。
天の国で、痛いことも辛いことも何もない世界で、出来なかったイタズラを沢山してね。
5. Posted by けーた   July 22, 2015 10:15
ご冥福を祈ります。

動物の病気の研究は儲からないからアレですよね…

私も犬を飼っているので色々と怖いです、薬の副作用も医療費も半端ないし。
6. Posted by アクア   July 22, 2015 23:21
まさかこんな早くお別れするなんて…。さみしいです。みんなに愛されて、浅田家で過ごした日々は幸せだったと思います。マイキー、頑張ったね。天国ではもっともっと幸せになってね。

小さい命なんてないですもんね。
近い将来、動物たちの医療も人間と同じくらい進歩していることを切に願います。
7. Posted by RiNa   July 22, 2015 23:59
雀さんの記事で「ん?病院?」って思いつつだったのですが、まさか療養中だったなんて・・ブログに書くのも辛かったですよね。ウチにも今3ヶ月の2兄弟が走り回ってて、言葉もありません。命の大切さ儚さを教えてくれてありがとうマイキー君・・でもやっぱり早すぎるよ・・。
8. Posted by nokko   July 23, 2015 23:21
驚きました。すごくショックです。
私も犬と暮らしているのでとても他人事とは思えません・・。

短い時間だったけど浅田家の皆さんに慈しまれ
大切に育てられたマイキーは幸せだっ違いありません。

先生、奥様、どうかお力落としのないように・・。
9. Posted by ぢゃめ   July 24, 2015 00:00
ご冥福をお祈りいたします。
短い間だったでしょうが浅田家の皆さんにかわいがられて見守られて幸せな日々を送れたのではないでしょうか。
カメラ目線のお顔が愛らしい…。
10. Posted by 白鈴   July 24, 2015 00:01
先生のブログを開き 一番最初に目に飛び込んできたマイキーくんの写真を見て、凛々しく大きくなったと思ったのですが…7か月、早いですね…。命の儚さを痛感します。

浅田先生一家のもとに来ることができて、幸せだったと思います。
可愛い姿を先生のブログで拝見させていただくたびに癒されておりました。マイキーくん、ありがとう。天国で目いっぱい楽しく過ごせますように…。
11. Posted by たにや   July 24, 2015 17:01
猫ちゃん達の近況を楽しみにしていましたが…まさかの…FIP…子猫に多い病気ですね。猫飼いさん達には深刻な猫の病気。
特に子猫にとっては最も怖いものですね。それでいてよくある病気…本当に良い治療法が研究されて欲しいものですね。

マイキー君は、きっと楽しい日々を全力で過ごしていたのだと思います。
早過ぎるお別れは残念んでしかありませんが。
12. Posted by topvillage   July 25, 2015 20:24
マイキー、君とニコの成長記録を楽しみにしていたのに悲しいよ。
でも、暖かい家族の中で精一杯生きた君は幸せだったと思う。
初めて君の写真を見たとき、私達もいっぱい幸せをもらったよ。
ありがとう。
マイキーのこと忘れないからね。
13. Posted by 橙子♪   August 10, 2015 22:18
久しぶりにお邪魔したブログで、ご報告を拝見しました。
以前、動物病院に勤務していた折、何件かのFIP症例の治療にあたりました。洋猫の純血種に多く、小さな子猫の時期に発症すると、救えないことばかりでした。
ご家族のご心労と悲しみをお察しします。お写真からは与えられた命の期限を幸せに過ごされたこと、伝わってきます。
ご冥福をお祈りしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔