April 09, 2015

長崎旅3 浅田家

IMG_8352

黒島天主堂のほんの裏手に、それはありました。


IMG_8389

IMG_8390

IMG_8394

IMG_8396

家は家族で作った、という。…え?(笑)。僕には想像も出来ない話です。
しかし今は倒れる寸前じゃない?というレベル。ここが浅田家の生家…。

現存しているうちに来れてよかった。
このブログを見た誰かが、もしも黒島に渡ることがあったら天主堂ついでにウチの状態を報告して頂けたらありがたい(笑)。
(くれぐれも倒壊にはご注意を…)


IMG_8431

IMG_8449

共同墓地に足を踏み入れる。

被い茂る草木の中、墓石に美しい造花や聖像が供えられている。非日常的な光景。
奥にはかなり古い十字架も見えます。

「浅田」姓も本当に多い。遠い遠い親戚のみなさんなのだろうか。
歩いてると普通に足元にでかいヘビが現れた…。すげえ。息子3才にはキャンプ以上の大冒険です。

IMG_8454

IMG_8455





IMG_8460

4時間半ほどの滞在。でも、島の全てを見て回るには充分な時間でした。
ここでは時間がゆっくり進んでる。

別名"クロス島"とも呼ばれ、江戸時代に弾圧を逃れたキリスト教徒が多く隠れすんだ島「黒島」。


子は何を思ったろう。

ほんのわずかでも、島の何かを感じ、記憶の片隅に残してくれたら……嬉しいと思う。



IMG_8483

4につづく

この記事へのコメント

1. Posted by O3   April 09, 2015 08:26
5 ご、ご家族が作られたのですか…?!(゜゜;) 大工さんや設計士さんがいらっしゃったのでしょうか…? それにしても浅田家生家、凄いお話です…!!

時の流れは、残酷なようで美しいようで…。 …いつか自分もお伺いしたいです…!!(その時はきっとご報告させていただきます!)

墓地と言えば、おどろおどろしいイメージがガッチリついてしまっているのですが…。(田舎民) …本当に非日常的な光景です…。 威厳すら感じる程の…。 浅田姓の方々、もしかしたら島での家族の繋がりが強かったのですかね…。

…「黒島」、別名「クロス島」。浅田先生のルーツを巡る旅に、息子さんは何を感じ、何を思われたのでしょうか…? …きっと、こころの大切なところに刻まれたのでしょうね…。

お疲れ様です!! その4、お待ちしております…!!
2. Posted by ym   April 10, 2015 00:38
中学生の時に歌った
クルスの島
思い出してコメントしました
当時は何も考えず…でしたが
写真を拝見して改めて曲を聞いてみると
今では考えられない時代風景…
言葉を失います。

興味深い記事ありがとうございます
3. Posted by あやか   April 10, 2015 21:56
久々にブログを拝見したら、先生のルーツが‼︎
お墓の形が独特で、とても興味深いですね。
教会も素敵で実際に見に行ってみたくなりました。
4. Posted by 結   April 11, 2015 00:25
家族で家を作るなんて、平成を生きる自分には考えもしないことですが。昔は普通だったのかな〜…なんて思っていたら、お墓に不謹慎にも「カッコイイ…」なんて呟いてました。独特の世界ですね、全てが。
息子さん、また大きくなりましたね。まさに、【モノより思い出】。覚えていて欲しいなぁ(*ˊᵕˋ*)
5. Posted by 月   April 13, 2015 01:54
今twitterを見たら先生フィーバーで笑った(笑)
参加したいけど一部実家にあったりで
物が今すぐ揃わないです(^-^;)
うちもトレカ当たって持ってる…(コソッ


なかなかこういう人様のルーツを教えて
いただける機会ってないので面白いですね。
先生の作品の一部がちりばめられている感じ。
新しいモノと古いモノが、よいバランスで
詰まってる所とか。

凄いお家ですね。でも祖父の家がまさにこんな感じで
今でも住んでます。
(住まなくなったらこうなっちゃうんだろうな…)
同じ九州でも、近くにそんな素敵な建物は
ないのですが…(^-^;)やっぱ長崎はいいなぁ。
また、行きたくなってしまった。

多分、息子さんの心にも何か残ったのでは?
6. Posted by tomo   April 13, 2015 21:28
古民家がなくなったいくのは、何かもったいないような気がしますね。といっても、維持やら、管理やら、大変ですしね。
昔の木造の日本家屋、大好きです。いつか住むのが夢です。
先日、小林秀雄の親戚であり、弟子でもある、白洲正子・次郎宅の武相荘に行ってきました。
7. Posted by 雨粒。。。   April 14, 2015 22:36
ポチッとしたら...あらまぁ〜の世界へようこそって感じで素敵です。そして一番最初に目に飛び込んで来たのが「でっかいカボチャ⁈」かと(汗)オレンジ色がどーんときたので...。そして、墓地なのに綺麗✨だと思い何か感動してしまいました。とても素敵な御家族様のご様子をお伺いさせて頂きありがとうございました。
8. Posted by 白鈴   April 14, 2015 23:40
私の祖父・祖母の家もこのような木造なので、写真を拝見し、少し親近感を覚えたのですが ご家族で作られたお家とは…!驚きですね!

墓石に金の文字と十字架、荘厳な雰囲気漂うように感じ、また美しいとも思いました。
私には見慣れない風景ばかり…
息子さんのこころにも残ってほしいですね✨
9. Posted by しあ   April 16, 2015 19:35
浅田先生、こんばんわ。
テガミバチ19巻、遅くなりましたが拝読致しました。
ラグのやさしさを見ていると、やさしいってつらいなと思います・・・
でも、尊いなと思います。
シルベットとのシーンにじーんとしました・・・
ザジとコナーの友情にも。
ラスト・・・ラグが、自分を犠牲にするような結末ではない事を願っています。
それは、あまりに悲しいです。。

浅田先生のルーツ、教会など、テガミバチの世界みたいですね・・・!
テガミバチ、すっごくよかったです・・・
あたたかくて、いつも泣かされていました。。
とても素敵なファンタジーの世界に、心が休まりました。

体調や育児など、本当に大変そうですが、、お体なるべくご自愛されて下さいませ。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔