November 08, 2014

えのすいのシェリル

年間パスポートで月2〜3回くらいの頻度で通っている「新江ノ島水族館」。
アシカとイルカのショー「きずな / kizuna」、もうどんだけ観ているだろうか。

やんちゃな子も多い「えのすい」のイルカたち。
若い「マリン」や「ピック」もヒヤヒヤものですが、ハナゴンドウの「ビーナ」は勝手自由な存在自体がもうネタすぎる域。トリーターさんのブログで「ファンタジスタ」と(笑)紹介されるほどに…。

えのすいトリーター日誌 http://www.enosui.com/diary.php
(ちなみにトリーターとは、生物を飼育( treat )し、お客様をおもてなし( treat )するという「えのすい」ならではのトレーナーの呼び方です)


その中で、いつも完璧だった「シェリル」というバンドウイルカがいました。
少し前からショーを休んでいたシェリルでしたが…、10月30日の朝、永眠したそうです。

この日、知らずにたまたま家族で来ていました。
トリーターとイルカたちの様子に、どこか違和感を感じたのはこのせいだったのかもしれません。

うちの3才にも夢を与えてくれたシェリル。
献花台が設置されていることを知り、先日、家族で手を合わせに行きました。
白い花と、息子の好きな紫の花を持って。

IMG_8800

IMG_8798

IMG_8801



シェリル安らかに。ありがとう。

IMG_8808



イルカショー、トリーターによる「きずな / kizuna」と、アクアン演じる「ドルフェリア」。
この日の「えのすい」は、連休中ともあって超大盛況でした。

IMG_8863

新江ノ島水族館 HP http://www.enosui.com/



この記事へのコメント

1. Posted by O3   November 08, 2014 05:36
水族館…、もう一体どれくらい行っていないだろう…、と、幼い頃の懐かしい記憶が蘇りました。

息子さんにとっても「死」というものを身近に意識して感じる、悲しいけれど大切な経験をされたのだと思います。

イルカのシェリル、どうか安らかに…。 …銀蔵さん火助さん、ついでにウチの先代猫も亀ちゃんも、きっと元気でやってると思うから…。 …気分で帰ってきているかもだけど…(笑)
2. Posted by Hana   November 08, 2014 08:31
自分でも信じられないのだけど、
江の島は同級生の家=旅館に遊びに行ったことしかないんですよね〜。
あとは、えのボー、、、って、江の島の外だし 笑
よくよく考えてみると、島本体に乗り入れていない!!!
通り過ぎることは高校のロケーションとかから言っても、ほぼ毎日だったし、肉眼でもほぼほぼ毎日見てたのですが。。。
かえって近すぎたのかなぁ。

今度行ってみよう、水族館。。。
3. Posted by 白鈴   November 08, 2014 10:50
2年ほど前から、年に一度は鎌倉&江ノ島に行くという学校イベント(?)に参加している私ですが、「えのすい」は未だに行くことが出来ていないです。
ずっと行きたいと思っているのですが なかなか…(>_<)

献花台に供えられた沢山の花をみて、「シェリル」はとても人気者なイルカであったことが感じられました。
会ったことはないですが、どうか安らかに…
4. Posted by スター   November 08, 2014 19:34
お仕事お疲れ様です!!

江の島水族館前から行ってみたいと思ってたんです。水族館に行く機会がなかなかないんですよね。イルカと触れ合いたい。。。
5. Posted by Raizo   November 11, 2014 15:32
「えのすい」に行ったことが無かったので…というか、イルカを見た事が無かったΣ(´д`lll)!!…ので、ブログにお邪魔させて頂いたら…、、文面から溢れんばかりのトリーターさんの愛情に、心打たれました。
こんな水族館があれば…通いたくなります!.+:。゚そのままウミガメの浜辺まで誘われてました(*´`〃*)亀が旅人だったってことも知らなかった。


コイツも…居なくなる時が来るのかな…と、ウチの亀を見遣りながら思いますが、普段はその“いつか”を思って暮らしてない。

自分なりの死生観は持ててきてるけど…好きなヤツと会えなくなる悲しみはそんなもの越える。


それでも…いや、だからこそ、かな。 私たちは、愛することをやめられないのでしょうね。
浅田さんの漫画に教わった “大事なこと” のひとつです。〃


シェリルの生きた意味に、礼賛します。
多くの出会いと、笑顔。
人と共に居てくれて…ありがとう。
6. Posted by tommy   November 11, 2014 16:57
愛別離苦は世の習いとはいえ、厭なものですね。大切な人を亡くした経験があるのでわかります。
大阪に住んでますので、海遊館と鳥羽水族館しか行ったことがありません。だいぶん前になりますが、夕方のニュースで、海遊館のイルカのミューちゃんが稽古が嫌になったことがきっかけで、教えもしないのに自分でカーテンを閉めることを覚えたと報じていました。
飼育員さん水槽から去る際、イルカの飛び出し予防のため、カーテンを閉めるそうです。それをミューちゃんは、飼育員さんが去った後、カーテンを開けたり閉めたりと遊んでいるそうです。
ミューちゃんのカーテン開けの動画ありましたので、是非見て下さい。
http://www.kaiyukan.com/blog/2014/05/5-1.html
7. Posted by はな   November 24, 2014 00:08
浅田先生のブログでシェリルとビーナの話が出るとは思わず、嬉しくなりました♪
ビーナは本当に魅力溢れるファンタジスタですよね!
シェリルは水族館好きの友達から聞いてショックでした…。
暫く江ノ島水族館へ行っていなかったので、久々に行きたいと思います!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔