March 24, 2013

浅田 火助

IMG_4994

火助が逝きました。

腫瘍と幾つかの合併症。
一気に悪くなってしまいました。

肺に溜まった水を抜くと腫瘍からの出血で赤く染まっていた。
やる事は全てやった…という獣医さんの話しを聞いた上で、病院からは連れて帰り、我が家で自然にまかせる事にしました。

もう自力で水を飲むことも出来なくなっていたので、薄めたポカリを、スポイトでちょっとずつ与えるのみ。
家に帰れて安心したのか、その夜から3日半頑張りました。
仮眠時以外はネーム仕事を片手に付きっきり。濃密な最期の時間。


22日の朝4時25分。永眠。
家族に見守られて火助は静かに逝きました。


今頃、いつも通り銀蔵を踏んづけてるかもしれません。
仲良くケンカしろよな。


ホントに頑張った。
銀蔵の分まで頑張って、僕らに気持ちの準備をさせてくれました。
ありがとう、カチ。


たかが猫。
でも、子供と同じ。本当の家族だった。



辛い二ヶ月になりました。



at 05:25│Comments(44)clip! 

この記事へのコメント

1. Posted by ヌマペロ   March 24, 2013 06:12
銀蔵に続いて火助まで…
コミックスやブログで多く紹介されていた彼らが今後紹介されないのかと思うと悲しい限りです…
2. Posted by けーた   March 24, 2013 07:47
マジですか
私も理由あって最近犬を飼い始めました
生き物は皆死ぬわけですが
その事を考えると辛いですね
3. Posted by Hana   March 24, 2013 09:45
・・・・・
いやぁ・・・火助もですか・・・
銀蔵さんについて行っちゃったのかなぁ・・・

火助、ゆっくりお休みください。
銀蔵さんと仲良くね・・・
4. Posted by ちせ   March 24, 2013 10:18
先生のブログで2匹のことを知るのが楽しみでした。

いつも可愛くて、いたずら好きで…


もう会えないのだと思うと寂しくなりますね。

ご冥福をお祈り致します。
5. Posted by かーりー   March 24, 2013 11:49
悪いことが続きますね
2匹ともいなくなると寂しくなります

きっと今ごろは銀蔵ちゃんと仲良くしていますよ

イタズラする姿もかわいいかったですね

6. Posted by スター   March 24, 2013 12:08
お仕事お疲れ様です

個人的に火助さん、銀蔵さんの記事は楽しみにしてました。家族の一員みたいですごく暖かく生きているような感じでした。

火助さんいままで浅田先生を支えてくれてありがとうございます。ゆっくり休んでください



7. Posted by カチ   March 24, 2013 12:32
かちけ、お疲れさま。
ゆっくり休んでください。
銀ちゃんと仲良くね。

同じ『カチ』として、なんだか、ずっと他人な気がしなかった、かちけの存在。
言葉がみつかりません。


ご冥福を心より、お祈り申し上げます。。。
8. Posted by よこ   March 24, 2013 13:54
浅田先生のブログや巻末漫画を読んでて、銀蔵や火助は家族の一員なんだなと伝わってきます。銀蔵や火助の話、僕も大好きでした。
火助、銀蔵も、浅田先生にこんなに愛されて幸せだったと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。
9. Posted by かがりん   March 24, 2013 14:09
ぎんもかちけも最後まで愛され、看取ってもらえて、幸せな時間を過ごせて、幸せなまま逝くことが出来たと思います。

しばらくは寂しい時間が続くと思いますが、彼らはきっと向こうで楽しくしていますよ。

ご冥福をお祈りします。
10. Posted by kou.   March 24, 2013 14:15
火助君も逝ってしまわれたのですね…。

皆さんのコメントにもあるように、
私も銀蔵&火助コンビの様子をブログでうかがえることを
とても楽しみにしていました。

最近、日記での登場率が少ないかな?…と思っていたのですが、
まさかここまで容体が深刻だったとは…。

拝読しながら、胸の奥がきゅっとなりました。

最期を看取る間の先生やご家族の皆様の心中をご察しします。

きっと、2匹そろって天から仲良く先生のご活躍を
見守ってくれていると思います。

何だかとりとめなくて申し訳ない限りです…。



最後に、

いつも愛らしい表情やしぐさで楽しませてくれてありがとう。

心和む時間をありがとう。

今までお疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいね。

ご冥福をお祈りいたします。
11. Posted by あやか   March 24, 2013 14:37
タイトル見てまさかとは思いましたが亡くなってしまったんですね。

銀蔵と共に火助のことは忘れません。

火助のご冥福をお祈りいたします。


12. Posted by yuko   March 24, 2013 14:46
火助ちゃんまで…。
ついて行ってしまったのですね。

コメントを寄せてる皆さんと一緒で、私も2匹の様子をコミックスやブログで見るのが楽しみでした。

向こうで仲良く楽しく過ごしてほしいものです。
御冥福をお祈りいたします。

先生にも早く笑顔が戻りますように。
13. Posted by 紫陽花   March 24, 2013 16:02
銀蔵と火助、ふたりが向こうでも仲良く愉快であることを心から願っています。
14. Posted by yukico   March 24, 2013 19:25
言葉が見付かりません。。。
心よりお悔やみ申し上げます。

先生もご家族の方も、看病お疲れ様でした。
お体お大事になさってください。
15. Posted by ナナシ   March 24, 2013 21:02
ご愁傷様でした。
心よりお悔やみを申し上げます。
向こうでも幸せで、ごろごろとのんびりしているといいですね。
16. Posted by odawara sky   March 24, 2013 21:38
火助くんまで旅立ってしまったのですね。。
いや、今まで頑張ってくれたのでしょうけど、寂しいものです。
家族ならなおのこととお察し致します。
日々大きくなっていく息子さんに、安心して後を託したのかも知れないですね。
かちけくん、今までありがとうね。
ちょっと上からまた2匹で賑やかに見守ってね。

浅田さん、外は桜も海も綺麗ですよ。
大事なものはそのままで、一息ついてまた歩いて行きましょ。


17. Posted by O3   March 24, 2013 22:47
火助さん…、…ご冥福をお祈り致します…。銀蔵さんとずっと仲良く…。

…家族同然の存在がいなくなってしまった時の、こころの空虚さは言葉にできるものではないと思います…。

…どうかほんの少しずつでも、悲しみや辛さが、暖かな思い出とともに癒されていかれることを切に願います…。

きっと銀蔵さんも火助さんも、そう願っていらっしゃるはずですから…。
18. Posted by カオリ   March 24, 2013 23:14
いつも先生のコミックスやblogで銀蔵と火助の愛くるしさを拝見するたび、癒されてた一人です。
銀蔵の訃報に心を悼めたのが、ついこの間のように感じる中、火助まで…心よりご冥福を御祈り致します。
きっと今頃二人は再会を果たし、早速じゃれあってるのではないでしょうか♪
銀蔵も火助も心底大事に大切に浅田家の家族として過ごせて幸せいっぱいだったと思います。
銀蔵、火助、素敵な癒しをありがとう!!
19. Posted by nao   March 25, 2013 13:31
 一体、神様はどんな試練を先生に与えているのでしょうね…

でも、先生のおうちに来てくれた猫ちゃん達は私たちみんなにも幸せをくれました

ありがとネ!!

20. Posted by nigo   March 25, 2013 19:56
銀と火助、いまごろ会ってるかな。
とてもつらいです。ときどきブログに出てくる銀と火助大好きでした。
ふたり(二匹)ともゆっくりおやすみ。
21. Posted by まっきい   March 25, 2013 20:54
火助ちゃん、とても心配してましたがきっと乗り越えて、なんとか大丈夫なんじゃないだろうかなんて思っていました、、、そうですか、、逝っちゃったのですか、、、

綺麗な銀色の二匹。

さみしかったのかな。二人で遊びたくなっちゃったのかな。

銀蔵さんや火助ちゃんの様子、いつも楽しみでした。心よりご冥福を。



22. Posted by まききょ   March 25, 2013 23:06
まさか火助まで早く逝ってしまうとは…。

きっと天国で二匹仲良く先生家族を見守ってくれてますね。

頑張った火助。安らかに…。
23. Posted by エン   March 25, 2013 23:53
火助まで……。何て声をかけたらいいのか……。
銀蔵についてっちゃったのかなあ……。切ないです……。ご冥福をお祈り申し上げます。
先生、元気だしてくださいね……。
ちょっと話題それますが、今月号のヴァシュカがなんだか銀さんとダブって見えました。先生の思い出の中に、ずっと彼らはいて、ふとした瞬間に顔を覗かせてる。そんな気がしました。
火助くんもきっと先生の思い出の中にずっといて、オロアーってないてるとおもいます。銀さんと仲良く、ずっと。
24. Posted by 白水   March 26, 2013 03:22
うう・・・火助ちゃん銀蔵ちゃんの傍へ・・・
ご冥福をお祈りいたします
25. Posted by ちづ   March 26, 2013 07:26
火助くん・・・ただ、驚いています。
火助くん、銀蔵くんと仲良くしていますね!病気から解放されて、ゆっくり眠ってください。。

突然家族が減って、浅田先生家はそれは寂しいでしょうね。。。
体調、気持ちも、無理なさらず、時々は本当に休んでくださいね!!

浅田先生の、銀蔵くんと火助くんの写真や絵やブログ、本当に大好きです。また、いつか、登場させてくださいね!
26. Posted by 茶木   March 26, 2013 09:19
銀蔵ちゃんの後を追ったのですかね・・・
心よりご冥福をお祈りします。
27. Posted by コンビニ姫   March 26, 2013 10:20
さびしくなりますね。

何もいえないです。

失ったものが大きい時は、簡単に前には進めないし、それでも進んでいかないわけにはいかないし。

家族みんなでさびしい、をじっくり味わって、あとは楽しかった事を沢山思い出してあげて欲しいです。

見えなくても触れなくても、そこにいたのは確かですから・・・

ご冥福をお祈りします。
28. Posted by RiNa   March 26, 2013 21:15
火助くんも頑張ったんですね、最後家族に囲まれて逝けて良かった。きっと安心して逝けたことでしょう。
立て続けに二匹の家族を失って、先生やご家族も心身共に本当にお疲れ様でした。まだ悲しみが癒えるのはちょっぴり先かも知れない、けど案外二匹はいつもの縁側でまた仲良く日向ぼっこをしてるのかも…。
ご冥福お祈り致します。
29. Posted by 氷牙   March 27, 2013 01:21
銀蔵も火助も、逝ってしまったのですね…
浅田先生のブログからも、ホントに大事にされていたんだな…と、思います。

こんな良い家族に愛されて。
2匹も幸せだったと思います。

ご冥福をお祈りします。
30. Posted by 燕   March 27, 2013 10:33
先生だけでなく見ず知らずの多くの人間にも、このような場で愛された二人ですから、きっと死してなお、幸せであると願いたい。

ご冥福をお祈りします。

31. Posted by ミュマ   March 27, 2013 19:34
うちの犬も介護出来るかわかりません
結婚して家を出るかも知れない
見れないかもしれない

火助くんの静かなご冥福をお祈りいたします



32. Posted by ハンタ   March 27, 2013 20:11
心中お察し申し上げます・・・。
ブログでの銀蔵くん火助くんの写真、とても好きでした。
ご冥福をお祈りします・・・。
33. Posted by ゆうり   March 27, 2013 23:35
最後に別れがあるのはしょうがないことです
でも今まで楽しく出来たなら
火助くんは幸せだったと思います
火助くんのご冥福をお祈ります

34. Posted by TOPVILLAGE   March 27, 2013 23:58
こんなに急で驚きました。
最後は家に帰って、家族のそばで天に召されることができて、火助さんはうれしかったと思います。
火助さん安らかに・・・。
35. Posted by ハナ@北海道   March 28, 2013 07:16
前世でいい行いをした人は、ご褒美に猫に転生させてもらえると聞いたことがあります。銀さんも火助ちゃんも幸せな時間を過ごせたと思います。おうちに帰れて安心だったでしょうね…。
身近な人との別れは本当に辛い、先生のblog読むたびに泣いてしまいます。
私の場合は何年も連れ添って、家族であり、良い意味で空気のような存在だったのに、逝くまでの数日間ばかりフラッシュバックしてしばらく後悔ばかりしてました。
気持ちの切り換えって難しいですね。
かわいい子達でしたね。ご冥福お祈り申し上げます。
36. Posted by 幸乃   March 28, 2013 23:00
火助くん、銀蔵くん。
空の上から、いつものようにじゃれあいながらでも、先生のこと見守っていてね。

どうか、また会えますように。
37. Posted by アクア   March 29, 2013 23:40
火助サンまで…びっくりしました。寂しいです。天国では銀蔵サンも一匹で寂しかったかもしれませんね。2匹で楽しく遊んでる姿を想像すると微笑ましいです。仲良く浅田家を見守ってあげてください。ご冥福をお祈りいたします。
可愛い姿をありがとうございました。
38. Posted by lotu   March 30, 2013 10:42
ただただ驚き、ただただ悲しいです。
浅田先生の心中お察しするだけで、胸が痛みます。
お疲れが出ませんよう、どうかお体ご自愛下さい。
39. Posted by 月   March 30, 2013 16:01
・・・・。寂しいですね。

最後の最後まで家族に見守られて、
今頃天国で先生の元で過ごせて幸せだったねと
銀蔵さんと話していると思いますよ。
火助くん。
今までありがとう。
40. Posted by 詩文奈   March 31, 2013 02:39
火助君(Y_Y)淋しい...でも御星様に成ってキラキラ光ってね。空を見ると火助君と銀蔵殿の事を思います。
41. Posted by ゆき   March 31, 2013 23:01
初めてのコメントですが、うちの猫も昨日亡くなったので書かずにいられませんでした。
文字では伝えきれない程の悲しみですよね。
猫は痛い、辛いって言葉で伝えることが出来ないから、最後は本当にかわいそうになってしまいました。
それでも銀蔵、火助は2匹で一緒に旅立てて、先生に大事にされて、本当に幸せだったと思います。
42. Posted by orange   March 31, 2013 23:31
家族のために最後まで頑張って立派だね火助くん。
家に帰れて本当に嬉しかったと思います。

甘えるのがあまり上手じゃなさそうな所が
自分と重なって勝手に親近感もっていました。
銀ちゃん、火助のことよろしくお願いします。
43. Posted by ぢゃめ   March 31, 2013 23:57
火助くんが天に召されていたとは・・・(/_;)
ただただビックリしています。
銀蔵くんと今一緒にじゃれあってるのかな?
ご冥福をお祈りしています。

44. Posted by ヒラギ   April 01, 2013 16:05
火助君も良く頑張りましたね。
やっぱりお家が一番!なんですよね。

家族とのお別れは辛いですが、
お疲れ様でした。

きっと銀蔵君と2人(あえて人称で)、
先生ご一家を見守り続けてくれる事だと
思います。

火助君のご冥福を心よりお祈りしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔