August 16, 2011

夏の夜の迷子

IMG_1285

夜、買い出しからの帰りに出会った蝉の幼虫です。
そういえば抜け殻はよく見ても、生きている幼虫はあんまり見た事なかったかもしれない。

…て、道のど真ん中を横断している幼虫。
コイツが向かう方向に、木などまったくなく……方向音痴にもほどがあります。

仕方がないので捕まえて木がある所まで運んでみました。

IMG_1288




一週間ほど経って、うちの玄関前に蝉の死骸がころがっているのを発見。

思わず「あいつかも?」。


目一杯、生きられたかな。

この記事へのコメント

1. Posted by テガミ   August 16, 2011 04:50
セミの幼虫が道にいたりするんですね(□)!

木がない所へ向かって行くなんて、天然なセミだなぁ(´`)

家の前にいたセミは、
先生にお礼を言いに来たのかもしれませんね(^^)!
2. Posted by Hana   August 16, 2011 05:15

ふふ、運んだんですね。 先生、うちの庭に運んでないですよね(笑)?
朝からミンミン、ツクツク、大合唱で、思わず覗きに行ったら、1本の木に5匹留まってました。確かニュースで、今年はセミが少なめって言ってたんですけどね。
でも、一週間の命と思って、猛烈騒がしくても、そっとしておきました。 
↑ほんとは怖いだけ。

その後、お風呂で、拳くらいの巨大なクモ発見。 
思わず、ヒャーとなりましたが、嫌がるクモと格闘の末、なんとか外に逃がして、一件落着。

いやぁ、鎌倉ってやっぱり、虫、多い。
3. Posted by 読者♪   August 16, 2011 07:59
道に迷ってたんですね><;
蝉ちゃんよ〜木まで連れてってもらって良かったね!

短い命、一生懸命鳴いて精一杯生きたと思いますっ!

4. Posted by 月   August 16, 2011 09:26
うちも同じ経験があります(´ ∀ `)
リターンらしきことはなかったけどw

今年初めてみた蝉が、
落ちててひっくり返ってる状態の子で
友達と「こんなにいるのになんか切ないわー」って
話になった(笑)

ザジのポスター飾ってますが本当に良いです。
微笑みが〜…キュンv
5. Posted by スター   August 16, 2011 11:43
お仕事お疲れ様です!

蝉ってはかないですよね・・・。成虫になったと思ったら一週間で死んでしまうなんて。
夏の風物詩でもあり、いいものだと思います。きっと精一杯生きたことでしょう。
6. Posted by みい   August 16, 2011 11:58
浅田先生
蝉の命の恩人
ですね(`・ω・´)

私もこの前
ベランダの水が
たまっている所に
蝉が溺れていたので
助けました´・ω・`
それから少し
日にちが経って、
この前と同じ種類の
蝉がまたベランダに
やってきて、そして
同じくメスでした!
どうやらその蝉は
卵をもっていたらしく、
私も浅田先生と同じく
『あいつかも!』
と思いましたwww
7. Posted by ASASE   August 16, 2011 12:56
お仕事&子育てお疲れ様です。

命の限り鳴いて生きたんだと思います。

たとえ1週間だけど立派です!
8. Posted by TOPVILLAGE   August 16, 2011 13:31
先生お疲れさまです(^-^)
私も前に畑の真ん中でもがいてる幼虫を木に移したことあります。
そんで孵化するの見届けて(ヒマ人です ~笑)1週間ぐらいしたら、同じ種類の弱った蝉が家の窓にいて… 
先生のブログ見て、あまりにもそっくりな話しなんでびっくりしました!!
9. Posted by kou   August 16, 2011 13:47
きっとそうだと思いますよ^^

長くて短い…そんな一生なのかもしれないけれども、
懸命に歌い、全うする姿には心揺さぶられるものがあります。
10. Posted by まっきい   August 16, 2011 16:03
うちの母が夜にウォーキングをしているのですが、結構、歩道横断中の危険☆幼虫を発見するらしく「せっかく土の中でがんばってきたのに、こんなところでつぶされちゃダメよ〜」とせっせと木に運んでいるようです。「今日は3匹レスキューした」とか嬉しそう。
そんな母に「きっとお母さん死ぬ時は、蝉とか鳥とかかたつむりとかいろいろなのが迎えに来るよ。いいねえ」と言う口さがない娘(笑)何でも拾う母です。蟲愛ずる母君なので。
でも実のところ、尊敬しているのですよ。

にしても、やはり迷子が多いのは照明のせいとかあるんでしょうかねぇ・・やはり人間のせいなのかな。

先生にも蝉のご加護がありますよ☆うふふ。
11. Posted by カツラ   August 16, 2011 16:48
先生は虫にまで優しいのですね^^
ところで、このブログの携帯のほうの画面が初期のままですよ??
ライブドアが勝手にはじめたので…
12. Posted by 泣き虫少女   August 16, 2011 22:34
私の友達に「セミちゃん」というあだ名の女の子がいます。
目がセミに似ているからだそうです。
先生の写真を見て「本当だ!!」と、ちょっぴり思いました。
ちなみに私のあだ名は、「ナナカマサッポロポッキー(七色カマキリ、サッポロポテト、ポッキーの略)」でした。

セミさんは、最後の力を振り絞って、先生にお礼を言いに来たのかもしれませんね。
「ありがとう。短い間だったけど、夏、満喫出来たよ」って。
13. Posted by 久@千葉   August 18, 2011 15:06
浅田先生に助けられて、蝉さん命びろいしましたね。
蝉の抜け殻は大変精巧で爪先まできっちり作られていて、コレ人の手で作るのは大変だろうなあ…と赤いポストの上の抜け殻を手に取ったのを思い出しました。
彼も鎧虫なら長生きできたのでしょうかね…(^^;)
14. Posted by toughbroad.org   December 09, 2016 06:20
I was gone to inform my little brother, that he should also go to see this webpage on regular basis to get updated from hottest news update asada hiroyuki.com:夏の夜の迷子 .
toughbroad.org http://www.toughbroad.org/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔