October 05, 2010

バングル

R0013263

11巻のコメントに書いたスカル・バングル。
気がつけば、もう10年くらい
眠る時も風呂に入る時も外すことなく、付けっぱなしです。

もう空気みたいなものなので、
外す時が来たとしたら、僕の心か身体に何かがあった時かもしれない。
一番細いのは、ファンの方から頂いたノーブランドのものです。
これくれた人も、今頃素敵な大人になっていることでしょう。元気にしてるといいな。

R0011154

ずっと使ってる財布のチェーンも髑髏バングルと同じ、
ガボール・ナギーというおっさんが作ったものです。
財布はワニの背中の革なので、
すれたところからミドリ色が出てきて、なんかリアル(笑)。

まだシルバーが流行る前で、今より全然安かった頃。
このおっさんが作る逸品を扱う店舗は、国内でもわずか数軒でした。
関東では、まだ小さな店舗だったNEIGHBORHOODが置き始めた頃。
でもカスタム等のオーダーは出来なかったので、
年末休みに車飛ばして新潟のお店までオーダーしに行きました。
その時乗ってた車はRX-7のFRっていうバリバリのスポーツカー。
途中、雪とか降っちゃって焦ったなあ…(思い出)。
のんびり、出来上がりまで半年以上待ちました。

今も商品は売られ続けているけど、ガボールさんが
亡くなってからはまったく興味がありません。

僕のこころを射止めたのはあくまでも、
4人という少人数の工房で、
大量生産なんか冗談じゃねえ、金があるだけじゃ売らねえぜ、
と酒を飲みながら、
ひたすらクオリティを維持したおっさんの作品だったから。

自分もそうでありたい、みたいな憧れもあったんですね。



「ガボールのシルバーアクセサリーにはそれなりの金額を払ってもらう。
どんなに時間が経っても価値が下がらないものを作っているからな」

「ガボールのスカルは笑ってるだろ?ハッピーにしてくれるんだよ」
Gabor Nagy

この記事へのコメント

1. Posted by 咲倉ハル   October 05, 2010 06:57
5 ひとつひとつ丁寧に心をこめて…いゃ…魂こめてつくられたものって、どんな価値のあるものより素敵に感じます!

いつも先生のブログを読んでいると、妥協しない、常に魂削って漫画を描かれていらっしゃる真剣なお姿に私の心を揺さぶられる思いです!!私も先生の様な漫画家になりたぃ!!いつも強大なエネルギーを貰ってます☆
貰うばかりじゃなくって…いつか与えれる様になりたいな♪

これからも先生の背中を追って行かせていただきます!!

先生もご無理だけはなされぬよぅお身体お気をつけ下さい!いつまでも大好き&尊敬してます☆
2. Posted by ディ   October 05, 2010 07:07
何だか胸騒ぎが…先生、お身体をいたわってくださいね。

先生の作品はそれと同じ、いつまでも価値の下がらないものであるからこそ、惹かれる力が強力です。これから何年経っても、今の事を思い出す私だと思います。
3. Posted by テガミ   October 05, 2010 07:58
人がこころを込めて作ったものに魅力を感じます
先生の書くお話も、
読んでいるとこころが温かくなります。
私には絵が上手かったり、手先が器用な方ではないれど先生のように人のこころを温かく出来るような人になりたいです!
これからも身体に気をつけてお仕事頑張って下さい
4. Posted by ひなた   October 05, 2010 08:01
ガボールにはそんな歴史があったのですね。
何となくシナーズのおやっさんのイメージ。
道理でカッコいいわけだー!!
バングルに何も起こらないことを祈りつつ…。
ずっと同じアクセサリーをつけているのってカッコいいですよね!
そのファンの方がうらやましいです(*´∀`*)
5. Posted by Hana   October 05, 2010 09:01
使い込んでるなーって、いつもお写真拝見して思ってました。
私は、生前、祖父がくれたクロスがそんな感じです。基本、つけっぱなし。

実はテガミバチ英書も読んでるんですけど、先生のこころは言葉のバリアを超えて世界に届けられてますね。ゲボマズスープは難しいけど(笑)。
素敵です。

だからね先生、どんなに言ってもやると思うけど(笑笑)、お身体、無理しないように。先生のこころがもっとたくさんの人に届きますように。

UP、ありがとう、先生。
仕事に戻りまーす。
6. Posted by 碧   October 05, 2010 09:19
5 浅田先生
おはようございます
お元気ですか?

ブログ読みました。
これも手紙ですね
心の奥からジワ〜と
きました。
響きましたよ〜(泣)
私も髑髏好きで
集めていた時期が
ありまして、
当時つけていた
携帯ストラップの髑髏に友達がそれはちょっと
やめた方が...と
引かれた想い出が
あります(笑)けども
何か
ROCKの象徴といいますかカッコ良くて好きです!!

しかし
浅田先生
何かあったのですか?

何もない事を祈りつつ
お互い今日も一日
適当に頑張りましょう
7. Posted by マキ   October 05, 2010 09:53
5 ファンから貰ったものを身に付けていると言う事に感動しました←

SQ読みましたが、心情の変化に驚いています!
8. Posted by ワカナ   October 05, 2010 10:52
そういう、宝物ステキですね(*^ω^*)

ぁたしも、自分の誕生石のムーンストーンのブレスを3年くらいずっとつけています。
空気みたいな親友みたいな感じです(*^ω^*)笑

テガミバチ、11巻読みました!泣いちゃった…笑
やっぱ浅田センセイの絵が好きです☆
9. Posted by 月   October 05, 2010 13:05
なんか…全てがロックですな(・`ω´・)b
出遅れましたが今日帰りに11巻買ってきますw

コミックの作者コメント部分って
何気にとっても楽しみな箇所です。
浅田先生に限らずどの方も個性があって
面白い。
10. Posted by ちか   October 05, 2010 16:55
お仕事お疲れ様です。
仕事柄、大切な大好きなものをずっと身に付けることは、できないのですが。
ステキですよね。そういうのって。
出会ってからずっと、先生と、先生の作品があたしにとって、大切な大好きな宝物です。
人生の半分くらい想い続けてる、ながい片想いです(笑)
先生、無理はなさらないでください。って言うことが無理だと思いますけど…
応援してます。ずっと。
11. Posted by Junko   October 05, 2010 18:45
こんばんは!11巻読ませていただきました。

泣いてしまう所が多かったのですが、あの場面は今までで一番笑わせてくれました(^▽^)

表紙美しいですね。

アニメもみました。第二期は楽しみな方々がたくさん登場する予感なので毎回目がはなせません♪

先生、元気ないみたいですね。私の回復心弾うちまーす!「心弾装填、Jun-bari!!」

12. Posted by 彩香   October 05, 2010 18:50
5 そんな思い入れのあるものだったんですね何だかそのままテガミバチの話になりそう…そのファンの方は幸せ者だなぁ(^ω^)
13. Posted by もと   October 05, 2010 19:38
今も昔も、めちゃくちゃカッコイイ浅田さん。
浅田さんの漫画には、いつもそれがあって、その雰囲気が好きです。
アクセサリーや車も。

無理だけはしないように、頑張りすぎないようにして下さいね…
本当に…。
難しいですが…
14. Posted by あき   October 05, 2010 20:07


浅田先生のアクセ カッコイイですねー!!
こだわりを感じられます(・∀・●)


11巻発売しましたね!!
今日 買いに行ったのですが・・・・・
北海道なんで・・・・・・まだ売ってなかった(´;ω;`)
明日入荷らしいんで 学校帰りに本屋に直行します!!!

11巻に早くあいたぁーい!
15. Posted by り   October 05, 2010 20:50
5 ガボールさん……かっこよすぎます!!しびれた!!(*`Д´)
16. Posted by 結   October 05, 2010 21:50
マジ、カッチョエェですね!!!お風呂すら外さないって、どんだけですか!!私は携帯を自分で買うようになった時から、ずっとI'llのCEBCストラップ付けてましたよ(≧∇≦)んで、鍵には"ハートに風穴の開いた天使の死神"付けてました。今はテガミバチがあちらこちらに……私は浅田さんグッズが常に側にいますよ☆

浅田さんの好きな物がいちいちカッチョエェので、困ります…メロリンしまくりですよ、こっちは(笑)
そのこだわり、よく分かります!それも含め、浅田さんはカッチョエェ大人です(≧∇≦)私もこだわりを大切に生きてこ!!!
17. Posted by スタ−   October 05, 2010 22:27
5 お仕事お疲れ様です!
かっこいいっすね!どんなに安いものでもずっと使っていれば大切なものになりますよね!
自分の大切なの物は、ちょっと思いつきません。きっと身近にありすぎて分からないだけかもしれませんね。
ガボールさんの言葉深いですね!
「それなりの金額を払ってもらう。
どんなに時間が経っても価値が下がらないものを作っているからな」
自分はこの言葉が大好きです!
テガミバチもきっとどんなに時間が経っても価値が下がらないものなんでしょうね!
18. Posted by カツラ   October 06, 2010 01:44
うわーガボールさんカッコイイ!!!!!!!!!!
19. Posted by にあ   October 06, 2010 03:56
浅田先生からも、ガボールさんのその信念と同じモノを感じてますよ
10代のとき買った過去の作品も、色褪せる事なく心に入って来るんですよね

そんな先生の感性の行く先…50代、60代、更にはもっと先の年代で生み出す作品も見てみたいと願うのは欲張りなんでしょうか…

ガボールさんのスカル、本当に笑ってますね
浅田先生、Are you Happy?
20. Posted by 毛無   October 06, 2010 08:04
5 私もそういう方に一生に一度にあってみたいです。
一生の物と言う物に私は出会えるかな…。
でも、浅田先生の作品に出会え事は本当に良かったと思っています。
本当にありがとうございます。これからもお体に気をつけて、楽しく作品を書いて下さればと思います。
21. Posted by Something special   October 06, 2010 23:00
5 いいものは廃れないとは言われますが、それを越えてリスペクトすべきもの、また、憧憬や愛着が感じられます。スカルもその笑みを絶やさずずっと先生のおそばにいることでしょう。私は先生の作品に刺激されて誰に聴かすわけもなくアマちゃんながら作曲を始めました。恥ずかしいくらい気楽なもので御座いますがそれでも何か良いものできるよう試行錯誤しております。漫画では珍しく、ずっととっておきたい大切なものに出会えた幸せ、大事にして・・・。
22. Posted by 椿。   October 07, 2010 00:11
格好良い。その一言。アイテムが『命』を持つ瞬間って、アイテムの『魂』を持ち主が受け入れた瞬間なのかもしれませんね。創り手もその瞬間の為に自分の魂を込めるんだろうな…と、ふと思いました。
23. Posted by Margaret   October 31, 2010 01:10
2 浅田先生と一体化している程の代物だったのですね。
いつかの記事で日焼けした浅田先生を笑っている様などという失礼なコメントを残してしまいましたね。ゴメンなさい。

先日藤沢駅で「俺は今でもロック命!」って感じのオサレな
お爺ちゃんを見かけました。
浅田先生も将来あんな感じになるのかと
一人ホームでニヤニヤ笑ってました。
勝手に妄想してごめんなさい。


24. Posted by Margaret   October 31, 2010 01:21
4 RX-7!!
何色だったんでしょう!
Watashiは黄色が好きです
スポーツカー大好きですが
先生が今乗られているルパン三世が乗っているやつも
好きですよ

ワニ革の財布、お金がたくさん入っていそうですな ゲヘヘ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔