May 29, 2008

仕事旅のことなど


去年のFrance旅は楽しかった…。今年は何処にも行けない予定です。ガクーン。

見たもの聞いたもの感じたもの…体験が自分の中に刻まれて、咀嚼されて自分の一部になる…
机にしがみついてばかりの漫画家にとって、「良い旅」は意外に重要です。
ちなみに去年のはバカンスではなく、仕事旅でした。
ジャンプSQ.編集長に感謝です。普通の旅じゃあり得ない良い経験も出来ました。

今回は仕事がらみで行った旅のことなど書いてみよう。

月ジャン「I'll‐アイル‐」の連載中に、NBAの取材で96年にアメリカへ行きました。
ジョーダン、ピッペン、ロッドマン・・・生Bullsヤバ過ぎ。Magicのペニーも凄かった。
台湾へは地元の長鴻出版社の方に招待されてブックフェアに参加しました。
二百人もの方が集まってくれたサイン会や、取材の数にも驚かされました。
招待してくれた出版社の皆さん、地元メディア、ファンの方々に暖かく迎えてもらって、
忙しいながらも楽しかった仕事でした。ナイスガイな通訳君、今も頑張ってるかなあ。
台湾はプライベートでもまた行ってみたい。

国内の仕事旅では一昨年の冬、高校生アーティスト育成事業というイベントで高知県へ。
普段なら絶対にお断りしている講義系のイベントなのですが、
先輩であり友人の高知在住の漫画家・正木秀尚さんに誘われたということもあって、
この時だけはその正木さんと一緒に壇上に上がらせてもらいました。
前日は朝方まで、ROCK BARで酒呑みながら打ち合わせ。
当日は漫画家を目指す子達の熱さにあてられて血がグルグル回りました。皆凄く絵が上手だった。
空港への帰り道途中に寄ってもらった「桂浜」が気持ち良くて印象に残っています。
龍馬の銅像でかかった。ぜよ。

個人的な旅とは、ちょっとだけ違う仕事の旅。
あの日、あの時に出会ったあの方々、あの子達。また何処かで会えることはあるんだろうか。

ちなみにテガミバチはフランスでも出版が決まっています。
現在はイタリア、中国、韓国、台湾、シンガポールを皮切りに翻訳されて旅立ちました。
漫画で会えるかもしれませんね。


その、高知在住の漫画家・正木秀尚さんの新刊が小池書院から出版されました。
「ひきずり香之介 狐落とし」。ー憑いた狐と己の過去と、しがらむすべてを落としますー(帯より)
妖艶な「匂い」香る一冊です。大人の漫画が読みたい方は是非。
巻末には宇仁田ゆみさんの寄稿も。宇仁田さんにもしばらく会っていないけど元気かな。
香之介が掲載されていた「刃-ジン」が今号で一端休刊とのこと。良い雑誌だったのに残念です。
asada hiroyuki.com-masaki



at 21:17│clip!日々