February 26, 2007

読者の皆様へ


様々なメディアで報道されたので、もうほとんどの方がご存知だと思いますが、
月刊少年ジャンプが6月発売の7月号をもって休刊することが決定しました。

テガミバチはまだ始まって半年ですが、連載中の身として少なからず責任を感じています。
今回の連載は僕自身、月ジャンへの恩返しがしたいという気持ちもあったし、
少しでも力になれればと必死でやってきたので非常に悔しく、残念な心境です。

月刊少年ジャンプは漫画家・浅田弘幸の生まれ育った場所です。
十代の時、1986年の夏に月刊少年ジャンプの月例賞からデビューし、
20年間、この月ジャンで漫画を描いてきました。
創刊から37年の中、その半分ちょっとを関わってきた間柄。
思い通りにならない、月ジャンにとって出来の良い息子ではなかったと思いますが、
月刊少年ジャンプは僕自身の故郷・実家であり、他とは比べられない、思い入れのある雑誌です。
新人の頃に出会った作家・編集者の方々とは、今でも付き合いある人が多く、
僕自身の青春は間違いなくこの雑誌と共にありました。


新雑誌に関しては秋に創刊するという事実以外、僕自身も詳細を知らないので、
何かあればここでも書いていきますが、
会社からの正式なアナウンスを待っていてもらえればと思います。


読者のみなさん、先人作家の方々、力及ばずですみません。
さみしいですが、最後まで精一杯描きます。

月刊少年ジャンプ、どうか最後まで応援して下さい。



7月号の表紙は、ずっと月ジャンを守ってきた「一斗」にあげて欲しい!


浅田弘幸



at 08:17│clip!アイサツ