October 2015

October 10, 2015

Dali(ダリ)

IMG_1965

マイキー、そしてシャーリーを亡くした寂しさに耐えきれず、先月…近所の猫シェルターに家族で寄ってしまいました。

本当は元気な「子猫」がいたら見たいね、ってつもりで伺ったんですが、妙に気になってしまったのがこのピンヒゲ男爵………

見事に「ダリ」と名付けられ(笑)、猫じゃらしにピクリともしない(笑)落ちつきっぷり。
丈夫そうなガチムチ長毛系の雑種で、ニコ子の2倍ありそうな「成猫」、「ダリ」でした。

アホぶっ飛んだ野生ベンガル娘「ニコ」をたしなめる役になってくれるかも…っていう淡い期待を抱きつつ、トライアウトをスタートさせたワケですが・・・・


これがもう、お互い半端ない拒絶っぷり。


丈夫そうな印象でしたが、くしゃみ連発。
ストレスからか、ダリは鼻風邪を引き、ニコは常に臨戦態勢で襲いかかる。
5日目くらいまでは「もう無理…。飼いたいけどゴメン。いつ帰ってもらおうか」と思っていたほど。

でも一週間を過ぎると、微妙なナアナア具合?
何とか引き取る方向で少し様子を見てみようとトライアウト期間を延長……

ダリの鼻風邪が移ってしまったようで元気がないニコ。
ある日、深夜に仕事から帰ると、ソファーで一緒に寝ていて(笑)、これはいけるかもしれない……と。

マイキー&シャリ助の時のような仲良しにはなれなくても、
熟年夫婦のような(?)関係になってくれれば……。

そうして、正式に引き取る事にしたのでした。

image

キャラ立ち過ぎてて今更名前を変える意味もないかと、そのまま「ダリ」と呼んでます。
4才息子は「ダリさん」て。さん付けです。

そしてこのダリ蔵。
病院の先生に「おじさんではなくて、多分お兄さんですね」と言われたにもかかわらず老猫のようにほとんど動かず、全く遊ばず。寝たきりで起きてきませんでした。
けど、ごはんは鬼のように食べていて。どういうことなんだ……?

数週間が過ぎ、すっかり馴染むと、少しは遊ぶ姿も(たま〜にだけど)見掛けるようになりました。

2015-10-03-12-25-36


というワケで…、家族が増えました。
ニコの子猫用のご飯を盗み食いしてひと月で4.3キロから5キロに(重)肥えた成猫「ダリ」です。

お見知り置きを。。。



一方、ニコ子は避妊手術〜大暴れ傷口開きからの拘束具状態。抜糸の日まで、色々面倒掛けてくれそうだ……

2015-10-09-05-40-34


at 01:12|PermalinkComments(10)clip!