September 2015

September 10, 2015

8月5日、大林宣彦監督と

news_xlarge_ohbayashi_asada_20150805_1

映画ナタリー/大林宣彦がマンガ家・浅田弘幸とトーク、「映画は嘘からまことを出すもの」
http://natalie.mu/eiga/news/156073
小さなweb記事ですが、僕にとっては生涯大事にしなければいけない。
映画ナタリーさん、ありがとうございます。

ひと月経った今も、あの日の事を思い出す度に夢の中にいる様な気分になります。
僕は大林宣彦という映画作家に、十代からただひたすら恋焦がれていました。監督の作る映画に、その精神に。
叶うことがないと思っていた一方的な片思いが、不意に同じ時間を過ごす機会をいただけた。

世界を代表する「ジャンプ」ブランドの売り上げレベルでいえば僕などたいした会社への貢献もなく、その意味では誇れる仕事は何一つ出来ていないのだけれど、それでも自分なりに29年間頑張ってきて良かった。素直にそう思えた日になりました。

イベントには登場していませんが、ずっと二人三脚で映画をお作りになっている奥さんでありプロデューサーの恭子さんもいらしてくださいました。
僕、監督は勿論なのですが、恭子さんの大ファンでもあるんです。
監督の大学時代の8ミリ作品「絵の中の少女」の主演女優さん……そして大林映画を追って来た方はご存知だと思いますが、全ての大林宣彦映画は恭子さんと共にあるのです。

イベントの後、控え室で監督と恭子さんと3人でお話をさせていただける時間がありました。

僕が監督に贈った絵をとても褒めていただき、「ああ、楽しかった。浅田さんありがとう」と言ってくださった。別れ際には、眠くてホテルへ戻ってしまった「息子君へ」と言って握手をしてくださいました。
5月に亡くなった大林映画仲間、小林常夫監督のDVDも進呈させてもらって…。
忘れられない時間です。

イベントの前に4才が「あの夏の日〜とんでろじいちゃん〜」の台詞「まきまきまきまき、まきましょう!」を披露すると、お二人とも笑って、監督が「まきまきまいたら、やくそくね」と続きを唱えてくださり……嬉しすぎてヤバかった。
いいなあ、息子。あとで「かんとくは、おそらをとべるんだよ!」って言ってたみたい(笑)。
うん。だな。いつまでもお元気な「とんでろかんとく」でいてくれるに違いない。
息子、今では毎日、全文嬉しそうに大声で唱えています。


イベントでは「大林節」が優しく染入るように炸裂。
監督が語られた
「人は『ありがとう』の数だけ賢くなり、『ごめんなさい』の数だけ優しくなり、『さようなら』の数だけ愛を知る」…。
この日訪れた人にもきっと心にストックされ、いつの日か自分の言葉として甦る事でしょう。
そして、それはまた必ず何処かに繋がっていくのだと思う。

10代、道に迷いがちな僕は自分が信じられる「正しさ」が欲しかった。
そして、あの時に信じたものは、今も何も変わることはありません。


貴方に恋してきて本当に良かった。


そんな日になりました。



遅くなりましたが、島田一志さん、フィルムアート社の今野さん千葉さん、紀伊國屋書店さん、PSC小中さん。

そして大林宣彦監督、恭子さん。本当にありがとうございました。
お身体、お大事にしてくださいね。「野のなななのか」ソフト化をゆっくりと待っております(もちろんメイキング付きで…)。

僕は生涯、この日を忘れる事はないでしょう。

ご来場頂いた皆さん、ありがとうございました。心から。


IMG_4149

IMG_6607

IMG_4151




IMG_6645