July 2015

July 26, 2015

「漫画家、映画を語る。」

IMG_6028

フィルムアート社さんから絶賛発売中の「漫画家、映画を語る。」

カバー絵を描かせてもらっています。

何冊目かな?
島田一志さんの本といえば、浅田弘幸の表紙絵なんですよ。
とても意気に感じております。
お互いいい歳になりましたが、いつまでもこんな関係でいられたらいいなと思うんです。

子が生まれてからのこの近年、映画といえば「きかんしゃトーマス」「しまじろう」。あと「カーズ2」(1は見ない)とかばっかり……狂ったように見ている(見させられている)自分ですが、
半端ない方々に混じって、インタビューにも参加させて頂いています。


「漫画家、映画を語る。」島田一志/編著
インタビュー/松本零士、上條淳士、楠本まき、浅田弘幸、五十嵐大介、松本次郎、武富健治、山本美希、諫山創

漫画家の目から見て、いったい映画のどこがおもしろいのか?
漫画家は作品体験を、自分の漫画にどのように生かしているのか?
漫画は映画になろうとしたのか、そうではないのか?
そして、漫画と映画の未来とは?


フィルムアート社 http://filmart.co.jp



そして8月5日(水)・・・・


『漫画家、映画を語る。』発売記念 浅田弘幸先生×大林宣彦監督トークイベント
http://filmart.co.jp/news/150805_manga_eiga_event/

6a26b61c29b113d38103b20f64a15924-504x756

作者カットrobot

うそでしょ〜……

僕が愛し尊敬してやまない大林宣彦監督と……


イベントの事を考えると、心が何処かに飛んでいってしまって仕事にならないので、日々考えないようにして目の前の原稿に向かっています。


しかし……引っ込み思案な漫画家を人柱に大監督を担ぎ出すとは……フィルムアート社、なんというブラック企業なのだろう。
(一生の思い出にします)


生身の身体ではロクに表現も出来ないこの漫画家は、当日「うんうん」と頷きながら涙ぐんでいるだけだと思うけど(笑)
監督のお話は映画と同じ様に、本当にどの瞬間も暖かく優しく大切で、心に響くことでしょう。


皆さん是非、いらして下さい。



紀伊國屋書店 新宿本店『漫画家、映画を語る。』発売記念
浅田弘幸先生×大林宣彦監督トークイベント
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20150711100131.html



July 21, 2015

Mycroft(マイキー)

IMG_9764

家族が増えました」…と書いてから半年も経たないうちにこんな報告は心苦しいのですが…


ホームズの兄の名をもらった、マイクロフト(愛称マイキー)が永眠しました。

5月に去勢手術をしようと連れて行った動物病院。
事前の血液検査でFIP(猫伝染性腹膜炎)と診断されます。この時は症状も一切現れておらず、本当に元気爆発だったので、まさかと思ったけど。

「FIP」とは、多くの猫が持っているといわれるコロナウィルスが体内で突然変異し、血管に炎症を起こし多臓器に及び様々な疾患を引き起こす「猫の不治の病」と言われる病気です。

現段階ではまだ対処療法しかなく、薬も「根拠はないが効果がある、とされている」という言い方。
それでも少しでも良い時間を過ごせるようにと週に数回、免疫力を上げるというインターフェロンの注射に通いましたが、病状は少しづつ進行し、7月に入ってからは食べる事もままならなくなりました。

マイキーは気弱でおっとりした頭のいい子だったけれど、こんなに早く看病させて、挙げ句看取らせるなんて、とんだ親不孝息子だ。

家族全員で見送りました。「頑張らなくていいから」と言い聞かせて。
生まれてまだ七ヶ月。まだまだ子供じゃないか。もっともっと、色んな経験をさせてあげたかったな。

ネットで調べると、FIPと戦っている猫と飼い主さんが本当に多いんですね。
1日も早くこの病気の研究が進み…、特効薬が生まれることを切に願います。



image

アホ三兄弟が、アホ一人と一匹になってしまったよ。




IMG_9693


IMG_0029


マイキーありがとう。さようなら。
ギンとカチと仲良く頼むよ。




at 21:50|PermalinkComments(13)clip!