February 2015

February 22, 2015

家族が増えました

2015-02-14-15-33-20

愛猫の「銀蔵と火助」が逝って、2年が経ちました。

春から幼稚園の息子。「ギンとカチ」の事はすっかり憶えていない様子。


子供のためにも、そろそろ動物を飼った方がいいんじゃないか…という流れの中、奥さんイチ押しの猫に「ベンガル」という品種。
そそのかされ(笑)促されてショップで触らせてもらったら…

…そりゃあ、もう…、…わかってたさ……。



ショップの値付けではちょっと手が出ないので、ブリーダーさんを探して、お話しさせてもらい……、この冬に譲ってもらえた子が、二匹。

IMG_9617

ロゼット(ヒョウ柄)の女の子、Nicole (愛称 ニコ)。


IMG_9618

マーブル柄の男の子、Mycroft (愛称 マイキー)。

マーブルはロゼットほどの人気はないようで、ブリーダーさんも一緒にいかが?的なおまけポジション。
でもきっと、そんな子が一家の救世主になる予感。

ちなみに名前、僕は「おまさ と 伊佐次」!とか言ってたんだけど、家族に華麗に却下され(笑)。
銀蔵と火助は僕が名付け親だったので、今回は奥さんに譲りました。

「ニコとマイキー」は生まれてまだ二ヶ月。
「ギンとカチ」は四ヶ月くらいでウチに来たので、もうちょっと大きかった。
特別な子猫時間。なんちゅう可愛さ……あっという間に過ぎちゃうんだろうけど。

アホ坊3才にとってもこれから共に遊び喧嘩して、ある時は理解者となり、いつか命の尊さを教えてくれるでしょう。

ベンガルは、野生のベンガルヤマネコと家猫を交配して生まれた品種。
特にロゼットのニコは、ペット用とはいえ見た目は小さなヒョウみたい。
運動能力も高く、すでにイタズラも半端なし。半端、なし……。
二匹のお父さんお母さんも見せてもらったけど、結構巨大になりそうです。
(ちなみに二匹は兄弟ではありません)

性格は、以外に穏やかで人懐こい…といいます。男の子のマイキーはそんな感じの甘えん坊。
ニコは気まぐれで物怖じしない。女性は強い…。

3才の強力なライバルになりそうです。


家の中が、また賑やかになりました。

ドドド、ガシャーン、、、


ニコとマイキー、皆さんお見知り置きを。

IMG_9604


at 06:20|PermalinkComments(18)clip! 

February 06, 2015

大森暁生さんと

2014-09-08-18-09-26

大好きな彫刻家、大森暁生さん。

ソードフィッシュの大塚さんと、大森さんの工房・D.B.Factoryスタッフの方々がうちの仕事場を訪問してくれました。
(以前、僕が大森さんの工房にお邪魔した時のblogはこちら

嬉しくて原稿等色々見てもらおうと思ったら、全て集英社に預かってもらってるんだった(笑)。

邪魔しに来ていたウチのいたずらヤロー3才が習い事に連れて行かれると、時計の針は自然とスピードを落とし(笑)…、
もてなすはずの僕の方が、色んなお話を伺い、楽しい午後を過ごさせてもらいました。

僕の知らない美術の世界。
それでも、表現する事と、その対価で生きていくという事…、その過酷さと喜び。
戦地は違えど…戦友のようなシンパシーを感じます。

大森さん、作品からは孤高の天才…なイメージ全開なんですが、
お会いさせて頂けば、何とも自然体で笑顔が素敵なロックな兄ちゃんなのでした。
もちろんオフの日の話…(笑)。
でも、漫画の世界もそうですが、第一線であればあるほど自然体で優しい方ばかり。
好きなことを仕事にしているという感謝が心の根源にあるような。なんだろう。そんな気がしてなりません。

夕暮れには、皆で(馴染みの)鎌倉カフェ・ゴーティーへ。
大森さんも関わることになった(内緒…?でも書いちゃう)WEBカフェ「ソードフィッシュ」の作戦会議。
僕も、大森さんの作品を・・・・てみたいな。
ソードフィッシュ…楽しみが増えそうです。

勿論、大森さんの今後の展開、展望も。


大森さん(イケメン)、大塚さん(イメケン)、
佐野さん(美人)とマイルスくん(ハーフでイケメン)も、楽しい時間ありがとうございました。

また、必ず。


2015-02-03-17-01-37

2015-02-02-14-06-49

2015-02-05-12-57-47



大森暁生 akioohmori.com
http://akioohmori.com/

ソードフィッシュ
http://cafeswordfish.com