January 2014

January 27, 2014

pixiv × 少女革命ウテナ ILLUST COLLECTION

画像1

pixiv × 少女革命ウテナのイラスト集。
表紙は星野リリィさん。

うちのスタッフ、いわや晃くんの作品が収録されています。
(作品はpixivでも見れるそうです。見られることによって意識が変わっていきます。見てやって!)

画像2


画像3

ビールとロッキンチェアーで! 漫画屋いわや晃



at 05:03|PermalinkComments(22)clip!item 

January 25, 2014

ガワだけ精工舎

IMG_5745

1コマ何分以内でやらないと1枚の時間がこうで、今日はこれだけペン入れないといけないから、ここのこだわりは置いといて…、あ、子を風呂に入れないと!
……とか、原稿中は常に時計とにらめっこ。
間に合わないことばかりの毎日…。


まあ、僕は時計が大っ嫌いです。


なので、今まで自宅には壁に掛ける時計というものがありませんでした。

が、子供のために必要なのではないかと。
(針があそこにきたら、ご飯は終わりだよ!…とか…時間の観念を…)
とかなんとか思って…去年、諦めて買いました。

ワンピースの尾田栄一郎さんちにお伺いした時、家のあちこちに素敵面白な時計が沢山あって。
週刊誌って時間が一番の勝負事なんだよなあ…と、あらためて思った事があります。
月刊誌漫画家の勝負する場所はまた少し違うけれど……、つってもちょっと見習おうぜ。っ…て、思ったのもあるかもしれません
この歳になって何言ってんだ(笑)。


古時計、出来れば振り子で、いちいちネジ巻いてボーンボーン鳴るのが凄く欲しかったんだけど、
それって、何にも子供のためじゃない(笑)。
子の昼寝中、宅急便のピンポンで起こされるだけでもカンシャク泣きで面倒な事になるし……自重しました。

歩み寄った結果、セイコーがまだ「精工舎」だった頃のボディ。
ガワは古く、中身はしっかり電池式に改造された時計をお迎えしました。


おかげで一見古時計にもかかわらず、ド正確です。


え?…もうこんな時間…?

うわ〜








うわ〜〜〜



at 03:44|PermalinkComments(14)clip!item 

January 22, 2014

家宝

画像1

夏に行われたイベント「30T」。
そこで初めて挨拶させて頂いた江口寿史先生。

まず、この方がいなければ僕は漫画家になれていない…というほど小学生の頃から、全ての作品で影響を受けてきました。
人生において最初の、そしてもっとも大きな道標とさせて頂いた方かもしれません。


そんな江口さんに会えた喜びテンションで自分の本を送ったところ、
なんとお返し的に頂いてしまったアイテム達!です。
30Tで「い〜な〜…」って見てたひばりくんTシャツまで…!
(本当にありがとうございます…)

画像1

画集「WORKS」。この表紙の絵、大好きだ。

リアルな絵も、大きくディフォルメされた漫画も、不思議と受ける印象が同じなんですよね。
どれも魅力的な「江口寿史」という人の表現。それが凄いと思うのです。


画像1

家宝…!




江口寿史先生。

年末に画集を刊行した上條淳士先生。


本を開くたび、心をもっていかれます。





誰かにとって、僕もそんな風になれたら・・・・




いいなあ。



January 20, 2014

ロフトという名の魔窟から2

画像5

画像5

画像7

画像5





画像11



January 17, 2014

ロフトという名の魔窟から1

画像1

画像5

画像15

画像9

画像7

画像18

画像17

画像13







画像10



January 12, 2014

「 PEZ 」

「 PEZ 」という作品、知らない方も多いと思います。

村田蓮璽さん責任編集のコミック誌「robot」(WANI MAGAZINE)で何度か発表させて頂いたフルカラーの短編漫画。

「テガミバチ」が始まる前に、その原型を頭に置きながら描いたので、
より童話風ながら世界観や雰囲気がとても近い作品になっています。
サンダーランド博士「父」も出てくるしね(笑)。
「テガミバチ」を気に入ってくれている方なら、楽しんでもらえるはず…。

描き下しの新作も収録。
WANI MAGAのF嬢さんの熱意によって(御迷惑掛けてます)
今年やっと形になるこの本…、本は思えないほどのトンデモ仕様で鋭意編集中です。

なんというか……、玩具箱のような?
(「箱」ってのがポイント)

興味のある方には、本当にこれ、買い逃しのないようにお願いしたい一冊なんです。
とんでもないセンスを持った編集者、デザイナーさん、関わって頂いた人々・・・

二度と作れない「形」の本になると思うので。


もうしばらくで詳しいお知らせが出来ると思います。
って、僕もまだやらなきゃいけないことがあって、うわ〜ヤベー、なんだけど。


画像は、以前に講演用の素材として勝手に作った予告編。

PEZ予告編#1-72


PEZ予告編#2-72
WANI MAGAZINE COMICS


「One three eight E」blog
http://138e.blogspot.jp/

January 07, 2014

アウトテイク2

画像1

17巻に収録した分のボツ下絵です。

ぽんたの話のアリアと、心弾で登場するロイド。
あんまり憶えていませんが、カメラが近過ぎて情報不足だったのと、あとはいつもの「なんか違う」…。

「なんか違う」。これ、厄介ですね。
大事なシーンならまだしも、どうでもいいコマで発動してしまうと(笑)。

でもそんな、どうでもいいコマでも粘る、粘らないといけないのが
月刊誌で描く者のオキテだと思うのであります。押忍。



January 06, 2014

アウトテイク

BEE-17CovD201

画像は17巻カバーレイアウトのアウトテイク。
よく見ると、絵の切り方や文字の入り方が少し違います。

「テガミバチ」は、連載開始時から(画集も)ずっと同じ、信頼しているデザイナーさんにお願いしています。

去年末、上條先生の個展に飾っていただけるというので、単行本化の時に寄稿した原稿を探すそうとロフトという名の魔窟を探索。

結局その原稿は見つからず、紛失してしまったっぽいのですが、その時に出てきたラフやら、何やら、色々ガラクタ的にあるので、ちょっとづつですがアップしていきますね。

こちらはそのデザイナーさんが、連載開始時に作ってくれた様々なロゴのサンプルなど。

画像1

画像3

ロゴひとつでもイメージかなり違いますよね。
ここからまた僕の意見を聞いてもらって、調整を加えたものが本編のロゴになりました。

こんなオシャレなヴァージョンも。

画像2



「テガミバチ」も、次は18巻。


でも、その前に、近々形になる作品があります・・・。

やっとお知らせ出来そう。



画像1

COMING SOON!


「One three eight E」blog
http://138e.blogspot.jp/

January 04, 2014

テガミバチ 17巻

lb17endn8-72

『テガミバチ』JC17巻、ジャンプSQ.2月号、本日発売です。
(発売日がずれる地域の方、ごめんなさい。もうちょっとだけお待ち下さい)

画像は表紙ロゴなしの元絵ヴァージョン。
製品版と比べると分かるんですが、JCは絵のサイドが結構切れちゃうんですよね。


今巻の終わりあたりから、じりじりとこの作品の闇部分が描かれていきます。
うーん、メンドクサイ…(笑)。
気は早いですが、次巻ビックリする変化があるかも?…しれません。

裏話し的なもの、機会があったらまたここに書きます。あわせて楽しんでもらえたら。


ジャンプSQ.2月号のセンターカラーは
ちょっと寂し気な冬景色。
背景の色の変化にこだわりました。イメージした色がちゃんと印刷で出ていると良いんだけど。
そして、「テガミバチ」のカラーは黒枠付きを基本にする。…そう、トータルのカラーイメージを連載前に設定したので、意図しての白い枠というのは、実は初めての試みなのでした。


少年ジャンプ アプリ増刊「ジャンプLIVE」での、カウントダウン企画。
本日からは作画動画配信 + 70話「なまえ」が読めます。
描いてるところはこの17巻収録の1コマです(疲れてて手は動いてないかもしれないけど)。
無料なので、4日分の色々な企画とあわせて、是非この機会に。


少年ジャンプ アプリ増刊「ジャンプLIVE」
http://www.shonenjump.com/jumplive/



January 03, 2014

あした

画像1