July 2011

July 03, 2011

ビビビの銀蔵

先月のサイン会前日、午後には博多に向かう飛行機に乗らねばならず、
なのでその日が今月号の〆切りでした。
ついでにコミック文庫版「I'll ‐アイル‐ 」に収録するラフを選別して渡す日。
そんなバタバタした、夜には仕事を全て終わらせないといけない時……にも関わらず、夕方にアクシデント発生です。

家人の話によるとどうも、飼い猫の銀蔵が、ロフト付近のスリット窓、
4メートルほどの高さから(多分、寝ぼけて)落ちたらしいと。

リビングの端っこで挙動不審な銀蔵を捕まえてみると、右足に違和感。
骨が折れているかもしれないと、アシ君達の仕事を滞らせ、赤子泣き叫び、
雨も降る中、慌てて動物病院へ。

レントゲンを撮るというので一旦帰って、僅かの時間仕事したのち、再び病院へ。


結局、折れてました。
右の後ろ足、4本ある指の骨のうち、折れたのは中心辺りの一本。
サイドの支えがあるので大した事はなさそうなのですが、ギブスを付けられ、哀れな姿に。

しかし……、落ちて骨折なんて、お前ちょっと恥ずかしいぞ、猫として(笑)。


結局編集さんを散々待たせたり、ツアー出発前夜ギリギリまで超バタバタでした。
さらにはギブスを嫌がって、足を「ビビビ!」して、金属のギブスを武器に家中の色んなものを破壊しまくってて。
赤子が蹴られたら大変なので、気を使って同居中です。

IMG_1080

IMG_1674

哀れなナリですが痛みは全然ないようで、無駄に偉そう(笑)。


今も銀蔵は通院中。先日、病院ついでに海沿いをドライブして買い出しに行きました。

IMG_1104

IMG_1103

IMG_1106

ほんと反省しろ。


at 01:30|PermalinkComments(30)clip! | 日々

July 02, 2011

中原中也記念館

R0015081

山口県の中原中也記念館さんから、今年の館報を頂きました。
(素敵中也グッズも!)

そして、なんと・・・・

只今、中原中也記念館1階読書コーナーにて、画集「Water」とサイン色紙が展示中です。
写真を頂いたので、皆さんにも。

『water』と色紙展示 (2)

『water』と色紙展示

記念館は中也の生家跡地に建っているという(!)事なのですが、
なんでも、この展示のあるところは
「ちょうど中也の勉強部屋があった辺りという由緒正しい(?)場所です」とのこと。
うお!ヤバい……(笑)。

色紙はテガミバチではなく…、手が動くままに「男」を描きました。
展示は8月28日(日)まで予定されていますので
興味のある方はぜひ、夏休みに中也の故郷を訪れ、詩の世界に触れてみて下さい。

いやー、僕も本当行きたい。


記念館、学芸担当の池田誠さんは福岡のサイン会にも顔を出して下さいました。
ありがとうございます、本当に!


いつか息子の手をひいて伺いたい………!




中原中也記念館
http://www.chuyakan.jp/


at 00:09|PermalinkComments(15)clip!日々