July 2011

July 30, 2011

紙屋「アホロートル」特製

R0015059

R0015061

R0015062

R0015063

R0015064

R0015065

R0015067

画業25周年記念、
皆さんにも楽しんで絵を描いて欲しいと、読者プレゼントに作って頂いたスケッチブック。

表面は布張りのような手触りで、アニバーサリーロゴが型押し。

開くと僕のカラー、ラフ絵なんかがスケッチブックの中に組み込まれている仕様です。
デザイナーさんのアイディアで、テガミバチにも登場する紙屋「アホロートル」製!っていう設定。
印刷なんだけど、透かし的な刻印もあって、コレまたなにげに手が込んでおります。

当たった方いるかなー?





ちばてつや先生の呼びかけで作家達が集まった震災復興支援「漫画で励まそうプロジェクト」、
ヤフオクでのチャリティー第3回が始まっています。
僕の今回参加分はレアグッズのセットです。宜しくお願いします。

Yahoo!オークション 漫画で励まそう!プロジェクト
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/mangadehagemaso_charity?u=mangadehagemaso_charity

July 28, 2011

夜、国府津の海で

IMG_1870

IMG_1873

IMG_1871

IMG_1874

IMG_1880

IMG_1882


長かった仕事が一段落。
深夜に、ふと思い立って国府津の海に車を走らせた。

海岸横に柵が出来たり、
「I'll〜アイル〜 」で描いていた頃の景色とは少しだけ変わってしまったけれど、
海は変わらず、懐かしい「いつかの海」でした。
横浜に居たあの頃、毎月のようにこの町を訪れ、そしていつか此処で暮らしたいと思ってた。
叶わなかったけれど、暮らした以上にたくさんの思い出が残っています。

湘南平の入り口の辺りから小田原辺りまでの一車線になる国道1号線の背の低い町並みは、
変わらず僕の心を穏やかにしてくれました。
どんな人にも、それぞれ思い描く、懐かしい風景が幾つかあると思う。
僕にはこの国道1号線の景色がそのひとつ。たくさんのものをもらいました。

大磯、二宮、国府津、小田原……
「I'll〜アイル〜 」という漫画は、この地が舞台でなければ、ああはならなかった………と、思う。



「国府津屋」として描かせてもらい、
当時はファンの方々も沢山訪れたという海岸すぐ側の「国府津館」さん。
僕も久しぶりに伺いたくなりました。
http://www.kozukan.com/index.html



July 21, 2011

エリザベス銀蔵

マーゴン接近による気管支不調の中、バリバリ原稿中。
台風と喘息。以外と密接なのです。

そんな中・・・

R0015135

R0015137

テーピング周辺を噛みまくり、舐めまくり。
ただれて傷になってしまったので、医者に連れて行くと、エリザベスカラー………
ガッツリ装着されてしまいました。

まっすぐ歩いて、頭から壁に突っ込んで機能停止したりしています。

まったく、世話の焼ける。
ジジイのくせにかわいこぶって。



at 03:29|PermalinkComments(25)clip! 

July 15, 2011

発売日

R0015142

R0015144

集英社コミック文庫版「I'll ‐アイル‐ 」第3巻。本日発売。
この物語にとって、大事な台詞となった「花ひとつ……」の回から、
「ヒゲダンディー」の回まで収録です。




ジャンプスクエア増刊、ジャンプSQ.LaBにテガミバチ「ザジ」のポスターを描きました。
こちらも本日発売です。 宜しくね。

R0015147


July 13, 2011

沐浴セットだじょー

IMG_1641

沐浴セットです。
ベビーバスは空気で膨らませる仕様。
安価だし使わなくなったら捨てやすいし、赤子がどんなに暴れてぶつかっても安全です。

お風呂大好き野郎、赤子の笑う顔が見たいので
どんなに原稿忙しくとも意地でも毎晩、沐浴だけしに帰るわけですが・・・
(そのあと風呂掃除も)、

あと十日ちょいで生まれて三ヶ月。
うちのやつ、小さめなのでまだ4キロ強ですが、
いつの間にかベビーバスも少々狭くなりました。

オムツも「新生児用」から「S」サイズにステップアップですよ。
変わり続けるレギュレーションに対応しないと。やはり仮想「F-1」?(笑)。

対応するじょー。


最近、「じょー」とか言ってしまう。


オムツかえるじょー。



at 05:46|PermalinkComments(26)clip!日々 

July 12, 2011

ビビビの銀蔵、骨折を武器にネームを阻止

R0015093


R0015095



R0015098


やっとギブスが取れて、今はテーピングです(噛みまくり)。





オークション終了しました。
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c280992674

被災した方に届いた義援金の総額は、四ヶ月経って未だ2.7%とのこと。
早く・・・・届けて欲しいと願います。

参加して頂いた皆さん、落札して頂いた方に、「こころ」から感謝します…。
本当にありがとうございました!

at 04:23|PermalinkComments(19)clip! | 日々

July 10, 2011

愛のイタダキモノ

R0015082

先日、月ジャンでの盟友、坂口いくさんが来宅。
坂口さんの奥さん手作り(!)素敵に細かくデザインされた外出用離乳食グッズのポーチと、
年々色が変化していくという、珍しい古酒を頂きました。
二本もらったので、一本は子が二十歳になった時に飲み交わしたい…。
ありがとうございます。

友人知人、付き合いのある編集さん、出版社さんから、バンダイさんぴえろさんまで、
息子誕生にたくさんお祝いを頂きました。
機会があったら、ぽつぽつと紹介させてもらいます。


そして、報告遅くなりましたが博多と京都でのサイン会、
皆さんからの頂きものも到着しています。
合わせて大きなダンボール6箱!アツい手紙も沢山!
そして、メシのようにお菓子を食べる日々。しばらくは福福と太らせてもらおう(笑)。

赤子へのプレゼントもたくさん頂きました。
皆さん本当にありがとう。

R0015074

R0015072



at 03:11|PermalinkComments(12)clip!日々 

July 09, 2011

12巻 業務連絡

テガミバチの回想シーンはワクを2重に引き、外側がベタになるルール。
リアルタイムと回想の移行は、ベタからトーンを重ねて流す事になっておる。

参考シーン。

R0014809


では、今回のミッションを伝えねばなるまい。



12巻。105ページ。
リリーの回想からリアルタイムに戻るシーン。

R0014812

なんとも盛大に忘れておる!



各自、筆をもて。
トーンはデリータ SE-1278。
ベタから馴染むニュアンスに気をつけて貼り込み、定規で美しくカットして「忘れ」証拠を抹消せよ!


幸運を祈る。では解散。

July 06, 2011

東日本大震災チャリティーオークション

R0015054

Yahoo!オークションにて、ジャンプスクエアから出品中。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/jumpsq_charity


3月16日に描き下ろしたテガミバチのイラスト。ここで17日にUPした絵です。
後からスクエアのサイトにも、色を塗って載せる事になったため、カラーはCG塗り。
原稿自体はクロッキー用の鉛筆とシャーペンで描いています。

オークションでズラリ並べられるので、ちゃんとカラーの絵を描き下ろそうかとも思ったんですが、
震災直後にこの絵を描いた時の気持ち、込めたものはやはり特別だったと思って。
モノクロハーフトーン絵なので買ってもらえるかな〜と心配しつつ、そのまま出品してもらう事にしました。

落札される方には、消しゴムで消された線なんかも楽しんでもらえたら。
基本的にはざっくり描いたものなんですが、ラグのあの表現だけはどっちにするかと………っていう痕がくっきり。ちょっと恥ずかしい(笑)。
あと、原稿が若干折れているんだけど……
スキャンする時、飼い猫の火助に踏んづけられたからです(笑)。
そんな、くだらないエピソードも無駄に含んだ一枚絵、宜しくです。何より支援のために。

今後も色んな形で、何か出来るように頑張ります。みんなで頑張りましょう。


ジャンプスクエア公式HPで、メッセージカードの壁紙ダウンロードが出来ます。この絵もあるよ。

July 04, 2011

沢城みゆきと12の夜

R0014821

ラジオCD「沢城みゆきと12の夜」。

フォトブックが付いた初回限定版。
ラジオはネットで少し聴かせて頂いていたんですが、今回僕がどうしても聴きたかったのは
SONGと名付けられた沢城さんとピアニストの村松健さんが奏でる「うた」の一枚。

(必要以上に)上手に聴かせる楽曲ならいくらでも出来ただろうに、
あえて「ピアノとうた」ひとつの生々しい音。
沢城さんのひとつひとつの言葉、それがとても良かった。響きました。
感激して、本人にも「素晴らしすぎる!」って高速メールしたほど。

有川浩さんはじめ、このCDで多くの方が証言する「沢城みゆき迷子説」(笑)。
詳しくは聴いて欲しいんですが、これはほんと、僕も感じる彼女の才能のひとつだと思うんです。

以前我が家で収録したテガミバチのラジオ、
収録を終えた直後、うちの縁側で空を見つめ放心していた沢城さんの姿が印象的でした。
本当、表現する事に真摯な人なんだと。
ちなみにラジオでも語られる、「君とぼく」の歌詞。インスパイア元となった「こんとあき」。
それがこの時。光栄の行ったり来たりってなもんです。

本人が言ってましたが、フォトブック、本当に後ろ姿ばっかり。なんでやねん(笑)。
勝手な人気者ですね。
そんな偏屈なとこもまたひとつの魅力なんですが、ラジオは「こころ」が現れる媒体。
そして「うた」に、キャラという鎧を脱ぎ捨てた生身の沢城みゆきが現れます。

ファン必聴だよ。