December 2006

December 30, 2006

オミクジ

asada hiroyuki.com-omikuji

今年の正月に、神奈川県鎌倉の神社で引いたおみくじです。オーマイ…。

人生2回目(Crazy Kouzu BC―I’ll special edition packageのコメント参照)です。
そんな2006年に新連載を開始しました。

そして「水星人+」の僕には、来年から「大殺界」という方がやってくるようです。
「だいさっかい」。
信じる信じない以前にネーミングが危険すぎる。

そんな2007年に単行本発売します(1月4日。宜しくお願いします)。


・・・・だれか・・・


たすけてー



at 09:29|Permalinkclip!日々 

December 28, 2006

年の瀬

asada hiroyuki.com-han2

B4サイズの販促ポスター。
首都圏のみらしいですが一部で車内刷りにもなると聞いています。
良い出来。僕も記念に1枚キープしました。

公式HPでは「アンバーグラウンド」が更新されていますね。
公式HP、作者も楽しみ(笑)。

掲示板、いつも応援書き込みありがとうございます。暖まります。




December 25, 2006

メリー&・・・

メリー&クリス&トーマス。
asada hiroyuki.com-mc

描いてみました。3兄弟?


以前描いたイラストのアレンジですが、
カバーをやった島田一志・著「ROCK COMIC」(STUDIO CELLO)が本日刊行予定です。
イラスト…印刷の色の出方がアレのアレで僕的には本当アレですが、
上條先生のインタビューは興味深いので(古ファンの方は特にね)読んでみて下さい。

著者の島田さんとは、雑誌「九龍」以来の長い付き合いです。
編集者?ライター?原作者?・・・何だろうこの男。ヘンなの。怪しすぎ。
たまに鋭い時もありますが、基本すぐ会社辞めたがる困った大人です。

同じ著者の「COMIC IS DEAD」(STUDIO CELLO)と「ワルの漫画学」(柏艪舎)の
描き下ろしカバーでは、イメージ全体を繋げて描かせてもらっています。
「DEAD」は頼まれもしないのに(原稿料も出ないのに)裏カバーまで描きました。何故だ?
こっちのカバーたちも結構気に入っています


今年の残り日数などは、あまり考えたくない今日この頃ですが、
テガミバチ第一巻発売まで、あと10日・・・です。


at 15:37|Permalinkclip!日々 

December 23, 2006

お詫び


先日、「単行本のカバーがマット加工になります」…と、書いたのですが、
工程内の伝達ミスにより、本刷りでジャンプコミックス通常のPP加工になってしまいました。
ここを読んで期待された方、本当にごめんなさい。
色校正も、ずっとマット加工で動いていたので僕自身も戸惑っています。うーん、正直残念…。
でも、通常PPは色鮮やかですし、パンチ力はマットより上。
「テガミバチ第一巻」の持つ力は何も変わりませんのでご安心下さい。

2巻からマット加工、という話もありますが・・・。うーん、なんとも半端な感じ。どうしよう。


一冊出来上がるまでには、ほんと色々ありますね。




December 21, 2006

やっと・・・

なんとか、今年中に納品する原稿を渡す事が出来ました。
来月分のために年末年始も仕事は続くものの、気分は一段落。

恐ろしいやつでした年末進行。
「おまえたいしたやつだやるじゃないか」。でも友情は芽生えません。
次は2月進行とか、GW進行とか・・・強者の進行番長たちが次々襲いかかってきます。くそう。
なんで毎月普通の31日じゃない?

単行本、なんとか形になりそうです。
編集さんやデザイナーさんもこのキツい進行の中で本当に頑張ってくれて、
愛ある仕事をしてくれました。感涙。
手に取ってくれた皆さんが、テガミ世界に浸れる一冊になったと思います。
カバーも落ち着きあるマット加工仕様となりました。手触りさらさらだ。
1月4日、ぜひ初版で。宜しくお願いします。


ついでにもうひとつ。
6日に出る月ジャン2月号は、単行本とは別バージョンのカバーが付録になります。
バーコードが無いっていい。こっちのデザインも秀逸です。
そして今号は表紙もテガミバチ。
ニッチ&ステーキも描かせてもらいました。初カラー。
雑誌の表紙なので、少々明るく強めに塗ってます。思った色が出てるといいな。
本編は「デッドエンド」編、佳境です。


年末進行は嫌という程実感しましたが、年末って実感はまるでない今日この頃です。
今年は暖かいんですね。そういえば去年買った革ジャンも着てないなあ。
ただ外出てないからか。人生の友はジャージか。


asada hiroyuki.com-han1

本屋さん用の販促グッズ。本物はキラキラ光って綺麗です。手紙の部分が立体(?)だよ。



December 04, 2006

もうすぐ第四話


さすが師走・・・
予想以上の困難な状況が続いています。
頑張ろう。

遅くなりました。前回お知らせしていた「テガミバチ」単行本情報の続きです。
12月6日発売の月刊ジャンプ新年号でもお知らせが載りますが、
各方面方々の努力のおかげで、第一話目の巻頭カラー4ページ・・・

単行本に、そのままカラーで収録出来る事になりました!
Yeah!
Surprise!

JCではあまり無いケース…、月ジャンでも無かったケースなので、
編集部的にも色々と苦労があった模様です。感謝、多謝…。
カラーページが入った分、通常JC価格から50円上がって460円(税込)の予定です。ご注意下さい。
関係者一同、限界まで戦ってギリギリに押さえた価格ですので、是非ご理解の程を…お願いします。

1月4日発売の「テガミバチ」第一巻。お楽しみに。
そしてカラーページ収録、皆さんに喜んでもらえますように・・・!

asada hiroyuki.com-12-4


6日発売の月ジャンは、第四話「ジギー・ペッパーへの手紙/中編」です。
今月号の紙は黄色。月ジャンの再生紙には赤・青・緑・黄とありますが、僕は赤が一番好きです。どうでもいい?
あとジャンフェスでは、ラグのクリアファイルが販売されるようです。よかったら。

本格的に寒くなってきましたね。
みんな、風邪など気をつけて。