September 2006

September 08, 2006

「テガミバチ」第一話

月刊少年ジャンプ10月号、発売中です。ついに始まってしまいました、「テガミバチ」。
久しぶりなので本当に緊張しています。
一話目を読んで下さった皆さん、どうもありがとうございました。

気に入ってもらえますように!


ロゴ&銀蔵

写真は今回の「テガミバチ」ロゴの試作です(&、浅田銀蔵)。デザイナーさんが色々と案を出してくれました。
結果どうなったかは、ぜひ本誌で確認して欲しいのですが、没になった中にも
気になったデザインが幾つかあって悩みました。ほんと、ありがたい事です。

しかし121枚って…。
こういうのも最初だけなので、やれるだけやっておこうと思い切りました。
思い切る事ばっかりだ!

今回の絵、自分内テーマその「いち」は「とにかくこだわらない」、です。
自分しか気にならない1本の線などに、いちいちこだわるなと。
といっても、手抜きでやってしまえ!っていうのではなく、
漫画の持っているパワーを損なわないモノを描きたい、という一心です。
そして、休みなく二話目に取りかかっています。厳しい戦いは継続中。

次回は、新キャラ、最強の新ヒロイン(作者比)も登場します。
気に入ってる子なので、早く見て欲しいな・・・って、まだ描いてる途中だった!


一昨日、知り合いにとても心配な出来事がありました。
今朝、携帯メールに返信をもらった時、本当に嬉しかった。安堵。

漫画家は漫画頑張るしかない。他に誇れるものは何もない。
今日も頑張っていきます。



September 02, 2006

はじめまして「asada hiroyuki.com」です

こんにちは、はじめまして。漫画家の浅田弘幸です。

いい加減に連載漫画も始めないと食っていけないので、
どうせならと、いつまで続くのか分かりませんが、ブログも始めてみようと思い切ってみました。
最初はちょっと頑張って、その後月1〜2回のんびり更新しつつ…1年くらいは続いたらいいな。

此処で浅田弘幸関連の発行物・お知らせなどを書いていけたらと考えています(あんまり出ませんが)。
自分が描いた漫画やイラストが、より読者の皆さんに楽しんでもらえれば僕も嬉しいので、
色々・細々・地味に頑張ってみたいと思います。

3d6fd55a.jpg

そして、その新連載漫画、ですが、
9月6日発売の集英社「月刊少年ジャンプ」10月号からスタートとなります。
タイトルは「テガミバチ」といいます。カタカナだ!
すでに7月号から予告も載っていて、公式HPページも出来たようです。
よかったら覗いてみて下さい…って、まだ今はトップページだけみたいだけど。
上のラフは、最初の頃に描いてみた主人公のイメージです。

イラストなどのカラー原稿の主線は、全て鉛筆で描いているので、
今回は久しぶりの活版漫画原稿‥‥つけペンでの作業をしています。
当然ながらGペン&丸ペンで描くと絵の印象がシャープで繊細になってしまいますね。
ちなみに「I'll(アイル)」では、後半辺りまでゼブラのGペン先を普通に交換しながら描いていました。
12巻くらいからは1本の丸ペン先を育てながら使い続けて、最終回まで交換はなし。
(流石に線は太く、丸ペンとは呼べないほどに成長しましたが、それでもGペンと比べると少し固い印象の線になります。僕の場合)
「テガミバチ」はアラいながらも暖かい絵にしたい。
なので、今回はGペンの方で少しラフに描き始めてみました。

イメージを変換せずダイレクトに描ける鉛筆画やカラーと違って、
何年やっても白黒漫画は脳内イメージに近づける事が難しいですね。
制作時間との兼ね合い・戦いもあるし、今回も試行錯誤しながら頑張ります。

色々とバタバタしながら、ライブ感バリバリでやっていたり、
ストックもないので、まだまだどこへ転がっていくやらヒヤヒヤもの。
だけど初心に返って、少年漫画を本気で楽しんで描いていけたらと思います。

第一話、もうすぐ発売になります。ぜひ読んで下さい。
単行本派の方も、コミックスでは白黒になってしまうカラーがたっぷり付くので
ぜひ月ジャン本誌でも確認して下さいね。

夏の終わりに始まる「テガミバチ」、
そしてこのblogもよろしくお願いします。

浅田弘幸

at 23:11|Permalinkclip!アイサツ